このページの先頭です

プラスチック代替素材、100%再生プラを使用した啓発物品を募集

最終更新日 2020年6月23日

 プラスチックによる海洋汚染が地球規模で課題となっており、生態系への影響も懸念されています。現在、プラスチック問題の解決に向けて世界的に取組が進められており、国ではプラスチックの資源循環を総合的に推進する「プラスチック資源循環戦略」を策定するなど、取組を進めています。横浜市でも、「よこはまプラスチック資源循環アクションプログラム」の策定を進めており、プラスチック対策に積極的に取り組んでいます。
 その取組の1つとして、イベント等で市民の皆様に配布する「啓発物品」にプラスチック代替素材、100%再生プラスチックを使用したものを積極的に利用するため、趣旨に合致した啓発物品の提案を事業者の皆様から広く募集します。応募いただいた提案は、資源循環局でとりまとめのうえ全庁的に共有し、調達の参考としていきます。

募集内容


1 提案内容

  • 一般的に製品又は容器包装の素材にプラスチックが使用される啓発物品について、その素材を紙、木材等の自然素材、バイオマスプラスチック、生分解プラスチックに代替したもの、又は再生プラスチックを全量使用したもの
  • 商品は現在製造及び納入が可能なものまたは開発中であって概ね1年以内に商品化可能なもの
  • 横浜市グリーン購入の対象品目については、「横浜市グリーン購入の推進に関する基本方針」及び「横浜市グリーン購入の推進を図るための調達方針」に反しないもの

2 応募方法

  • 別添提案書に必要事項を記入し、商品のサンプルまたは写真を添付のうえ、電子メール・郵送・持参のいずれかの方法で提出してください。
  • 提案書は商品ごとに作成してください。
  • 提案書様式は提案書様式(ワード:14KB)からダウンロードしてください。


3 提出・問合せ先


横浜市資源循環局3R推進課
〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 横浜市役所23階
TEL:045-671-3593
FAX:045-550-3510
Eメール:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

このページへのお問合せ

横浜市資源循環局3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:644-108-625

先頭に戻る