このページの先頭です

こども「いきいき」生き物調査

最終更新日 2020年1月28日

調査概要

横浜市では、市民に地域の自然や生き物への関心を高めてもらうとともに、生物多様性保全に資する基礎データを取得することを目的として、2013年度より市内全域で小学生による生き物調査を実施しています。

調査方法

市内小学校約340校の5年生に調査票を配布し、過去1年間に「家や学校の近く」(学区内)で見つけたり鳴き声を聞いたりした生き物について、丸をつけて提出していただきます。学校ごとに、対象の生き物を見つけた割合(以下、確認率)を集計し、その情報をもとにGISソフトを用いて市内全域における確認率の高低を色の濃淡で示します。

調査票

調査結果

調査結果の詳細は、調査結果報告書及び結果概要をご覧ください。また、1984年から1991年までに小中学生等を対象に実施した分布調査(3回)の結果も併せて掲載します。

調査結果報告書

結果概要

結果概要(図のみ)

結果概要まとめ

対象とする生き物について

同定のしやすさに配慮しながら、市内の自然環境を指標すると思われるもの、外来種や減少または増加傾向にあるものなどを選定しました。調査対象は毎年種類を変えながら継続して実施しています。これまでの調査対象種は図のとおりです。

調査対象生物の一覧表

記者発表資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局政策調整部環境科学研究所

電話:045-453-2550

電話:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

メールアドレス:ks-kanken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:973-290-336

先頭に戻る