このページの先頭です

海域生物相調査

最終更新日 2019年3月25日

調査概要

環境科学研究所では、市内の海域の水質をはじめ、総合的な水環境を評価し、生物相の変遷を示すことで、市民の皆様に川や海への関心を高めていただくことを目的に、昭和48年からほぼ3年ごとに、市内の川や海に生息する生きものを調査しています。
海域では、平成28,29年度に14回目の調査を行いました。
調査開始以降、小型底曳き網で捕獲される内湾の魚類は、ハタタテヌメリ、テンジクダイ、コモチジャコ、シログチ(イシモチ)、マコガレイなどが多く、それらが捕獲数全体の大半を占める傾向に大きな変化は見られません。水質は改善してきているものの、泥質を好む種が多く、海底に泥が堆積した状態が続いていることを反映した結果と考えられます。

調査地点

調査地点は、市内の河口・海岸、内湾の10地点(平成29年度実績)です。

  • 河口・海岸(7地点)

鶴見川河口、山下公園、堀割川河口、海の公園、野島海岸、野島水路、夕照橋(平潟湾)

  • 内湾(3地点)

横浜港沖、根岸湾沖、金沢湾沖

調査内容

魚類、海岸動物、海草・海藻、プランクトン、水質、底質を調査し、生き物から海の水質評価を実施しています。
平成29年度は、春、夏の2回/1地点の調査を行いました。

海域生物の例

調査報告書等

このページへのお問合せ

環境創造局政策調整部環境科学研究所

電話:045-453-2550

電話:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

メールアドレス:ks-kanken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:744-287-920

先頭に戻る