このページの先頭です

2020年7月

今月の本棚

最終更新日 2020年7月1日

高階秀爾/著 青土社 書誌番号:3-0500783733  ラベルの記号:283

前国立西洋美術館館長の高階秀爾氏による、19世紀から20世紀にかけての様々な絵のモデル達の評伝です。名を残すほどのモデルは、時として芸術家の崇拝対象であったと書かれています。例えばロダンにとってのカミーユ・クローデルです。ロダンといえば「考える人」が有名ですが、同じようなテーマの「思索」はクローデルをモデルにしたもののようですが、大きく異なる造形をしています。そこには複雑な関係・感情があったようです。
こちらは1989年に集英社さんから出版されたものの新装版です。過去出版された興味深い本を度々新装版として出版してくれる青土社さん…感謝です。

市原千尋/著 三才ブックス 書誌番号:3-0500711327  ラベルの記号:452

 この本を見て、「また一人、すごい人に出会ってしまった。」という感想を抱かずにいられようか。世の中には、思いもよらない世界を掘り下げている人がいるのだと、感心しかり。人の探求心のなせる業に脱帽です。ひとことで言えば、日本全国の池を訪れている著者による、日本の池の解説本なのですが、これが力作。個々の池の写真はとても小さいのですが、添えられた地図によって、池全体の形がわかります。そして特徴的な池には、詳細なカラーイラストを自ら手がけるこだわりよう。そのほか、空からしか見られないおもしろい形の池、池の傍らに立てられた池にまつわる看板など、楽しいコラムもたくさん挿入されています。

弓狩匡純/著 KADOKAWA 書誌番号:3-0500773084 ラベルの記号:767

日本の国旗といえば「白地に赤丸」ですが、もしかしたら「赤地に金丸」だった可能性もあるようです。
本書は各国の国歌・国旗の成り立ちやその意味を通じて世界の奥深さを伝えるために作られました。国によっては、国旗の中心の丸がやや左寄りにデザインされているのですが、それははためくことで中央に見えるという工夫であったり、日本の国家「君が代」には別バージョンがあったりと興味をそそられる内容が満載です。また、失われた国の国歌・国旗も載っています。本書をきっかけに国歌を聴き比べてみるのも楽しいかもしれません。

青田 孝/著 日刊工業新聞社 書誌番号:3-0500710878 ラベルの記号:546

日本は世界一の電車王国といわれます。それは日本の国土が機関車牽引列車よりも電車の運転に向いているからです。軟弱な地盤、山がちな地形による急勾配、人口密集による駅間の短かさ、国土の狭さからくる用地の狭さ、これらすべてについて、重量が平均化され、急勾配に強く、加減速に優れ、折り返しに特別な設備のいらない電車が有利なのです。その電車について、歴史と最新技術、裏話などをまとめたのが本書です。


緑図書館トップぺージに戻る

横浜市立図書館のロゴマークの画像
横浜市立図書館のロゴマーク


このページへのお問合せ

教育委員会事務局緑図書館

電話:045-985-6331

電話:045-985-6331

ファクス:045-985-6333

メールアドレス:ky-libkocho12@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:611-408-521

先頭に戻る