このページの先頭です

【記者発表】横浜市がアルジェリア民主人民共和国のホストタウンとして登録されました!

最終更新日 2020年2月28日

記者発表資料

令和2年2月28日

市民局オリンピック・パラリンピック推進課

荒木 慎二

電話番号:045-671-4596

ファクス:045-664-1588

横浜市は現在、8か国(英国、イスラエル国、チュニジア共和国、ベナン共和国、ボツワナ共和国、コートジボワール共和国、ブルガリア共和国、モロッコ王国)のホストタウンに登録されています。
本日、9か国目となるアルジェリア民主人民共和国とのホストタウン登録が正式に認められました。
アルジェリアとは、これまでに3回横浜で開催されたアフリカ開発会議を契機に実施している「アフリカとの一校一国」において、市内の小学生との交流を促進するなど、若い世代を中心に交流を深めています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:196-549-250

先頭に戻る