このページの先頭です

補助金(ほじょきん)などの支援(しえん)

最終更新日 2020年4月1日

学校(がっこう)(かよ)うために必要(ひつよう)なお(かね)

()どもが小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)(かよ)うためのお(かね)()りない場合(ばあい)(つぎ)の①②など)は、学校(がっこう)使(つか)(もの)学校(がっこう)旅行(りょこう)などに必要(ひつよう)なお(かね)をもらうことができます。
()から「児童扶養手当(じどうふようてあて)」のお(かね)をもらっている
収入(しゅうにゅう)給料(きょうりょう)などのお(かね))が(すく)ない
横浜市(よこはまし)には(つぎ)の3つがあります。

■「就学援助制度(しゅうがくえんじょせいど)

横浜市(よこはまし)市立(いちりつ)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)(かよ)っている()どもが、もらうことができます。

•申(もう)()(かた)
学校(がっこう)でみんなに「就学援助制度(しゅうがくえんじょせいど)のお()らせ」の手紙(てがみ)(もう)()みの(かみ)(わた)します。(もう)()みの(かみ)必要(ひつよう)書類(しょるい)学校(がっこう)()します。

■「私立学校等就学奨励制度(しりつがっこうとうしゅうがくしょうれいひせいど)

横浜市(よこはまし)()んでいる(つぎ)の①~③の()どもが、もらうことができます。
国立(こくりつ)県立(けんりつ)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)(かよ)っている()ども
横浜市(よこはまし)にある私立(しりつ)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)(くに)(けん)()がつくった学校(がっこう)ではない学校(がっこう))に(かよ)っている()ども
外国人(がいこくじん)()どもで、横浜市(よこはまし)にある外国人学校(がいこくじんがっこう)外国人(がいこくじん)()どものための学校(がっこう))に(かよ)っている()ども

•申(もう)()(かた)
学校(がっこう)7月(しちがつ)ごろ、みんなに「私立学校等就学奨励制度(しりつがっこうとうしゅうがくしょうれいひせいど)のお()らせ」の手紙(てがみ)(もう)()みの(かみ)(わた)します。(もう)()みの(かみ)必要(ひつよう)書類(しょるい)学校(がっこう)()します。

■「個別支援学級就学奨励制度(こべつしえんがっきゅうしゅうがくしょうれいせいど)

横浜市(よこはまし)市立(いちりつ)小学校(しょうがっこう)中学校(ちゅうがっこう)の「個別支援学級(特別支援学級)(こべつしえんがっきゅう とくべつしえんがっきゅう)」に(かよ)っている()どもが、もらうことができます。

•申(もう)()(かた)
学校(がっこう)でもらう「個別支援学級就学奨励制度(こべつしえんがっきゅうしゅうがくしょうれいせいど)のお()らせ」を()んで、必要(ひつよう)書類(しょるい)学校(がっこう)()します。

高等学校等就学支援金(こうとうがっこうとうしゅうがくしえんきん)

高校(こうこう)授業(じゅぎょう)のために(はら)うお(かね)(すく)なくすることができます。(くに)からお(かね)()ます。
利用(りよう)できるかどうかや(もう)()(かた)は、(かよ)っている高校(こうこう)()いてください。

横浜市高等学校奨学金(よこはましこうとうがっこうしょうがくきん)

次の①②の高校生(こうこうせい)は、横浜市(よこはまし)から1か月(いっかげつ)5,000(えん)(1(ねん)に60,000(えん))もらうことができます。もらったお(かね)(かえ)さなくていいです。
①お(とう)さんやお(かあ)さんが横浜市(よこはまし)()んでいる
(まえ)(とし)勉強(べんきょう)成績(せいせき)が1~5の(なか)平均(へいきん)3.70以上(いじょう)
(①②の両方(りょうほう)必要(ひつよう)です)

(もう)()んだ(ひと)がたくさんいた場合(ばあい)収入(しゅうにゅう)給料(きゅうりょう)などのお(かね))が(おお)(ひと)は、もらうことができないかもしれません。
(もう)()(かた)は、(かよ)っている高校(こうこう)()いてください。

小児医療費(しょうにいりょうひ)」(()どもの病気(びょうき)やけがの(とき)のお(かね)

横浜市(よこはまし)()んでいて、「国民健康保険(こくみんけんこうほけん)」などの健康保険(けんこうほけん)(はい)っている()どもが病気(びょうき)やけがをした(とき)横浜市(よこはまし)からお(かね)()て、病院(びょういん)(はら)うお(かね)(すく)なくなります。
()から()るお(かね)は、()どもの年齢(ねんれい)()わります。
保険(ほけん)からお(かね)()ないもの(入院(にゅういん)した(とき)部屋(へや)のお(かね)など)には、()からのお(かね)()ません。
病院(びょういん)(はら)うお(かね)(すく)なくなる(ひと)には「小児医療証(しょうにいりょうしょう)」を(わた)します。区役所(くやくしょ)保険年金課(ほけんねんきんか)()いてください。

「ハマハグ」

  • 小学生以下(しょうがくせいいか)()どもがいる(ひと)や、おなかの(なか)(あか)ちゃんがいる(ひと)は、「ハマハグ」のマークがある(みせ)でいろいろなサービスが利用(りよう)できます。
  • ()(もの)食事(しょくじ)(やす)くなったり、()どものトイレや(あか)ちゃんにミルクをあげる場所(ばしょ)()りたりできます。
  • 「ハマハグ」のウェブサイトで登録(とうろく)すると、サービスを利用(りよう)する(とき)必要(ひつよう)な「ハマハグカード」をもらうことができます。
  • 登録(とうろく)のしかたや利用(りよう)できる(みせ)などは「ハマハグ」のウェブサイトを()てください。
  • 「ハマハグ」のウェブサイト(外部サイト)
このページについて質問(しつもん)などがある(とき)
質問(しつもん)したいこと 連絡(れんらく)する(ところ)
学校(がっこう)(かよ)うために必要(ひつよう)なお(かね)」について
高等学校等就学支援金(こうとうがっこうしゅうがくしえんきん)」について
横浜市高等学校奨学金(よこはましこうとうがっこうしょうがくきん)」について
教育委員会事務局学校教育企画部学校支援・地域連携課(日本語)(きょういくいいんかいじむきょくがっこうきょういくきかくぶがっこうしえんちいきれんけいかにほんご)
電話(でんわ):045-671-3270
ファクス:045-681-1414
メールアドレス:ky-gakkoushien@city.yokohama.jp
小児医療費(しょうにいりょうひ)」について 区役所(くやくしょ) 保険年金課(ほけんねんきんか)日本語(にほんご)
保険年金課の電話番号など(ほけんねんきんか でんわばんごう)
「ハマハグ」について

こども青少年局(せいしょうねんきょく) 子育(こそだ)支援課(しえんか)日本語(にほんご)
電話(でんわ):045-671-4157
ファクス:045-663-1925
メールアドレス:kd-koshien@city.yokohama.jp


return to previous page

Page ID:620-084-057

Back to Top