このページの先頭です

Q生活排水のうち環境への負荷が大きいのはなに?

最終更新日 2019年1月15日

A

横浜市の家庭での最近の水使用量は1人1日250リットル程度です(外出先での使用料を除きます)。 その内訳は、 台所が約60リットル、 洗濯が約50リットル、 風呂・洗面が約110リットル、 トイレが約20リットル、 その他が約10リットルとなっています。

汚れの負荷は、汚れの指標とされるBOD、窒素、りんでみてみますと、一般的に BODは炊事とトイレで全体の約80%、 窒素はトイレで約60%、 りんはトイレと洗濯で約80% を占めるといわれています。

これらより、それぞれが汚れの発生源となりますが、トイレからの負荷が一番高いといえるかもしれません。

参考資料

  • 横浜市水道局パンフレット「よこはまWATER2002」

このページへのお問合せ

環境創造局下水道施設部下水道水質課

電話:045-621-4343

電話:045-621-4343

ファクス:045-621-4256

メールアドレス:ks-suishitsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:997-915-096

先頭に戻る