このページの先頭です

明るい選挙推進協議会

最終更新日 2024年2月1日

明るい選挙推進協議会とは

「明るい選挙推進協議会」は、不正のないきれいな選挙の実現と、民主主義の基本となる有権者の積極的な投票参加を目指して、ボランティアで活動している団体です。

「明るい選挙」とは、有権者が主権者としての自覚を持って、進んで投票に参加し、選挙が公明かつ適正に行われ、私たちの意思が正しく政治に反映される選挙のことです。
 

メンバー

この協議会は、港北区の各地区代表やPTA連絡協議会など各種団体からの推薦による「推進委員」と、各地区の自治会・町内会から推薦された「推進員」により構成されています。

  • 推進委員 20名
  • 推進員  237名

(令和5年5月22日現在)


主な活動

選挙時には、有権者の皆さんに投票日を周知し投票をしてもらうことを目的に、駅前や商店街など街頭で呼びかけを行っています。
選挙のない時期にも、区民の方々に政治や選挙に関心を持ってもらえるよう様々な事業を展開しています。
 

常時啓発

ふるさと港北ふれあいまつりへの参加

「ふるさと港北ふれあいまつり」内にブースを出展し、「キャラクター総選挙」を実施しています。
来場された方に好きな出展団体のキャラクターを選ぶ模擬投票に参加してもらい、啓発物品を配布しています。

令和5年度

研修会の開催

推進委員・推進員を対象に、明るい選挙推進運動への意識の高揚を図るための研修会を開催し、自身の政治や選挙に対する知見を深めています。

令和5年度

  • 開催日:令和5年11月29日(水曜日)
  • テーマ:地域において投票率をどう向上するか
  • 講 師:西野 偉彦氏(慶応義塾大学SFC研究所上席所員)

若年層、教育機関への啓発

選挙の出前授業、器材貸出

区内の小・中学校、高校などにおいて、選挙の出前授業「せんきょフォーラム」や選挙器材の貸出の事業を行っています。

リンク

選挙をテーマとした各種コンテスト

将来の有権者である小学生・中学生・高校生を対象に、政治や選挙への関心を高めるためのコンテストを企画し、作品を募集しています。入賞作品については、協議会が企画する選挙啓発事業に活用しています。

リンク

機関紙「イコット通信」の発行

活動内容の紹介や選挙のお知らせなどを掲載し、明るい選挙推進運動と協議会の存在を広く知っていただくため、機関紙「イコット通信」を編集・発行しています。

紙面を見る

選挙時啓発

街頭啓発の実施

駅前や商店街などで、啓発物品等を配布しながら、投票日の周知や投票参加を呼びかけています。

屋外広告による啓発

区内各所へのポスターや横断幕の掲出、ラッピングカーの走行などによる啓発周知を行っています。

期日前投票の投票立会人などへの就任

期日前投票所の投票立会人や、病院や老人ホームなどで不在者投票を行う場合の外部立会人として、投票事務が公正かつ適正に行われるよう投票所内の立会いに協力しています。

機関紙「イコット通信」

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港北区明るい選挙推進協議会事務局(総務課統計選挙係)

電話:045-540-2213

電話:045-540-2213

ファクス:045-540-2209

メールアドレス:ko-toukeisenkyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:389-875-274

先頭に戻る