このページの先頭です

横浜市立大学が新型コロナウイルスの患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功

最終更新日 2020年3月9日

記者発表資料

令和2年3月9日

政策局大学調整課

森田 英樹

電話番号:045-671-4271

ファクス:045-664-9055

横浜市と公立大学法人横浜市立大学(二見良之理事長。設置者:横浜市)は、中期的な目標を共有しながら、人材の育成、医療の提供、都市課題や市民生活に密着した課題の解決など、幅広い連携を進めています。
新型コロナウイルス感染症の患者が増加する中、この度、横浜市立大学の研究チームが、新たな診断法につながるウイルス抗体の検出に成功しましたので、お知らせします。
ウイルス抗体の検出に用いた方法は、特別な装置を使わず短時間で判定することができ、血液の採取による検査であるため二次感染のリスクも少ないという、画期的なものです。
今後、多数の検体で検証し、診断法の確立や診断キットの開発など、実用化を目指すことになりますが、新型コロナウイルス感染症の診断の簡便化と迅速化に、大きな効果が期待されます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

政策局大学調整課

電話:045-671-4273

電話:045-671-4273

ファクス:045-664-9055

メールアドレス:ss-daigaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:534-741-740

先頭に戻る