このページの先頭です

南本牧ふ頭で新たな高機能物流施設が竣工!総延床面積9万平米超となるロジスティクス拠点が形成

最終更新日 2020年2月18日

記者発表資料

令和2年2月18日

港湾局物流運営課

永田 実

電話番号:045-671-2873

ファクス:045-671-0141

 国際戦略港湾である横浜港は、輸出貨物の取扱いに加え、輸入貨物の取扱機能の強化を進め、コンテナ貨物需要の拡大や創出を図る「ロジスティクス拠点の形成」を推進しています。そのため、主要コンテナターミナルに近接した利便性の高いエリアへの高機能物流施設の集積を積極的に進めています。
 この度、本日2月18日、南本牧ふ頭に三菱倉庫株式会社の新たな高機能物流施設が竣工しました。同施設は、首都圏へのアクセスに優れた好立地にあり、「災害に強いエコ倉庫」のコンセプトのもと、環境負荷の低減と自然災害対応に配慮した機能を備えています。
 これにより、南本牧ふ頭には、既に稼働している2棟と合わせて総延床面積9万㎡を超える3棟の高機能物流施設が供用し、ロジスティクス拠点の形成が図られることとなります。
 国内最大の水深岸壁(-18m)を有するMC-3・4との相乗効果により、コンテナ取扱貨物のさらなる増加や、基幹航路の維持・拡大が期待されます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7260

電話:045-671-7260

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:941-185-274

先頭に戻る