このページの先頭です

中区の町名とその歩み(や行、わ行の町名)

最終更新日 2019年2月18日

「やゆよ、わ」から始まる町名の由来と、設置年月日を掲載しています。
出典 「横浜の町名」横浜市市民局(平成8年12月発行)・橫濱市町名沿革誌(昭和14年発行)・横浜市報

矢口台(やぐちだい)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年に横浜市に編入して根岸町となる。町名は字名を採った。地名研究で「ヤグチ」とは「谷戸の入り口」を意味するという。

柳町(やなぎちょう)

明治5年2月設置。
昭和3年廃止。
吉田町海面埋立が竣工し設置。昭和3年9月1日町界町名整理の際に廃止。現在の中区吉田町の一部。

山下町(やましたちょう)

明治32年7月24日設置。
明治32年に外国人居留地の町名をすべて廃止し、山下町と改称して新設した町。古くは久良岐郡横浜村といい、安政6年(1859)の横浜開港に際して運上所を境界として、以東を外国人居留地と定め、慶應2年(1866)3月に太田屋新田の沼地を埋め立てて拡張した。明治12年1月に外国人居留地へ、阿波町、上田町、蝦夷町、越後町、大坂町、小田原町、尾張町、海岸通り、加賀町、角町、九州町、京町、神戸町、薩摩町、駿河町、長崎町、日本大通り、函館町、花園町、琵琶町、富士山町、二子町、豊後町、堀川町、本町通り、本村通り、前橋町、水町通り、武蔵町、武蔵横町の30か町を新設した。

山田町(やまだちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡吉田新田といい、明治5、6年頃に山田町字1丁目から5丁目までを新設したといわれる。明治15年に山田町字3丁目を永楽町へ、山田町字4丁目・5丁目を真金町へ入れ、山田町は字1丁目・2丁目となる。町名はこの地区へ最初に居住した人の「山田」という姓から採った。

山手町(やまてちょう)

明治32年7月24日設置。
明治32年に外国人居留地の26か町を廃止し、その全区域をもって山手町を新設した。古くは久良岐郡北方村といい、慶應2年11月23日(1866年12月29日)に調印した「横浜居留地改造及競馬場墓地等約書」により、山手地所を外国人へ貸すように決め、明治17年7月に、この山手居留地に稲荷町、内臺坂、貝殻坂、公園坂、小坂町、汐汲坂、地蔵坂、撞木町、陣屋町、諏訪町通、大丸坂、高田坂、環町、西坂町、西野坂、泉町、畑町、林町、富士見町、三ノ輪坂、南坂、宮脇坂、谷戸坂、矢ノ根町、山手本町通、弓町の26か町を新設した。町名は横浜の山手にあたる所から名付けた。「白水町」と表記した文献があるが、これは「泉町」の「泉」を誤って「白」と「水」に分割してしまったものである。横浜居住の外国人は山手を「崖」を意味する英語で「BLUFF(ぶらふ)」と呼んだ。地名研究で「山手」という地名は、海に臨んだ都市で多く使われているという。

大和町(やまとちょう)

昭和3年9月1日設置。
昭和3年の町界町名地番整理施行にともない根岸町字立野、鷺山、竹ノ丸の一部から新設した町。大和町字1丁目から3丁目までを置く。古くは久良岐郡根岸村といい、『神奈川県史料』第7巻によると、横浜に駐留したイギリス兵にライフル銃試射場として借与し、「角打場」と呼ばれた一直線に連なる地域で、明治6年4月に英国人の横浜アマチュール・アゾルテック(娯楽運動)組合に貸したとある。明治42、3年頃に大和屋シャツ店、石川清右衛門が店を開き、その後、大正元年に市電本牧線の開通の際に、大和町停留所と名付けている。町名はその停留所名や石川氏の屋号を採った。町は1丁目と2丁目の字区域がある。

山内町(やまのうちちょう)

明治39年4月1日設置。
昭和19年廃止。
神奈川区神奈川町及び青木町の地失の海岸と山内侯爵家の願により埋め立てた地。
明治39年に新設された。名前の由来は侯爵家の性をとったもの。
昭和18年12月1日。神奈川区山内町1.2丁目は中区に編入。
昭和19年2月1日。西区に編入(表高島町と合併)現在の西区高島一丁目、緑町、桜木町の一部。

山吹町(やまぶきちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡吉田新田の内であり、明治5、6年頃に山吹町字1丁目から3丁目までを新設し、明治15年に山吹町3丁目を永楽町字1丁目・2丁目に編入した。町名は佳名を採った。

山元町(やまもとちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治6年1月に町並みの整った所に山元町字1丁目・2丁目を新設した。昭和8年の町界町名地番整理施行にともない山元町字5丁目までを置く。地名研究で「ヤマモト」とは「山の麓」を意味するという。町は1丁目から5丁目の字区域がある。

弥生町(やよいちょう)

昭和3年9月1日設置。
昭和3年の町界町名地番整理施行にともない足曳町字1丁目の一部、雲井町字1丁目・2丁目、駿河町字1丁目から3丁目、南吉田町字南四ツ目の一部で、河岸通を日本橋に至るまでの地域から新設した町。町名は明治14年の『小学唱歌』に掲載された慈鎭和尚の「春のやよい」にでてくる「春のやよいの あけぼのに 四方の山べを 見わたせば 花盛りかも しら雲の かからぬ峰こそ なかりけり」から採って名付けた。町は1丁目から5丁目の字区域がある。

横浜公園(よこはまこうえん)

昭和3年9月1日設置。
昭和3年の町界町名地番整理施行にともない山下町の公園の地域に新設した町。古くは久良岐郡太田屋新田の沼地であったが、安政6年(1859)の横浜開港にあたって、ここを埋め立て、港崎町と名付けた地域。慶應2年(1866)10月20日の横浜大火によって被害を受けて空き地となったが、元治、慶應の条約に基づいて、外国人と日本人共有の公園の築造に明治7年から取りかかり、明治9年に横浜公園(彼我公園)が完成した。明治32年に公園は横浜市の管理となり、次いで、公園内を外国人へ貸与していたクリケットグラウンドが返還されたので、明治42、3年に整備した。大正12年の関東大地震で被害を受け、昭和4年に震災復興事業として野球場や音楽堂が完成した。昭和20年に駐留軍に接収され、ゲーリック球場となったが、昭和27年に接収は解除された。昭和53年に「横浜スタジアム」が完成した。

吉岡町(よしおかちょう)

明治6年11月設置。
昭和3年廃止。
吉田新田埋立地へ設置。昭和3年9月1日町界町名整理の際に廃止。現在の中区曙町3丁目、4丁目、5丁目の大部分。

吉田町(よしだまち)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは万治2年(1659)2月に吉田勘兵衛が埋め立てた久良岐郡吉田新田一部で、安政6年(1859)の横浜開港にともなう横浜道の整備によって吉田新田の堤に沿った町並みが整い、元治元年(1864)に田畑を全部埋め立てて吉田町字1丁目・2丁目を新設した。昭和3年の町界町名地番整理施行にともない丁目を廃止し、柳町を合併した。町名は吉田新田の埋立者、「吉田勘兵衛」に因んで名付けた。

吉浜町(よしはまちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡吉田新田といい、横浜開港にともない、元治元年(1864)8月にこの地に横浜製鉄所を建設し、明治7年に吉浜町を新設した。明治12年に横浜製鉄所を民業へ移し、明治18年8月に、これを東京の石川島へ移転した。

若竹町(わかたけちょう)

明治22年4月1日設置。
昭和3年廃止。
昭和3年9月1日、町界町名整理の際に姿見町、羽衣町1、2丁目の一部とともに末広町となり、廃止。

若葉町(わかばちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。明治6年11月に吉田新田の埋立地へ若葉町字1丁目から3丁目までを新設した。町名は佳名を採った。町は1丁目から3丁目の字区域がある。

和田山(わだやま)

昭和61年7月21日設置。
昭和61年の住居表示施行にともない本牧荒井、本牧町、本牧満坂、本牧和田の各一部から新設した町。町名は丘陵地の通称である「和田山」から採った。

このページへのお問合せ

中区総務部区政推進課

電話:045-224-8123

電話:045-224-8123

ファクス:045-224-8214

メールアドレス:na-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:992-734-788

先頭に戻る