このページの先頭です

中区の町名とその歩み(た行の町名)

最終更新日 2019年2月18日

「たちつてと」から始まる町名の由来と、設置年月日を掲載しています。
出典 「横浜の町名」横浜市市民局(平成8年12月発行)・橫濱市町名沿革誌(昭和14年発行)・横浜市報

滝之上(たきのうえ)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年に横浜市に編入して根岸町となる。町名は根岸町にある白滝不動堂(磯子区上町の明王山不動院宝積寺の境外仏堂)の脇を流れ落ちる滝があり、町名は白滝不動堂の上に当たることから名付けた。

竹之丸(たけのまる)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の1部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年に横浜市に編入して根岸町となる。町名は字名を採った。地名研究で「マル」は「丘、小山」を意味するという。

立野(たての)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町、北方町の各一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年に横浜市に編入して根岸町となる。町名は字名を採った。『新篇武蔵風土記稿』の「根岸村」の項に「立野 北東の方にあり」の記録がある。地名研究で「タテ」は、「低地に臨んだ丘陵の端」、「台地などの高くなった所」などを意味するという。また、「タテノ」は「村落などの共有している山林、原野」を意味する地名といわれる。

千歳町(ちとせちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。明治7年7月に吉田新田の埋立地に千歳町字1丁目から3丁目までを新設した。明治15年1月に千歳町字3丁目の西側だけを永楽町字1丁目(現、南区)に編入する。

千鳥町(ちどりちょう)

昭和40年1月13日設置。
昭和40年に根岸町、間門町などの地先の埋め立てにともない新設した町。町名は隣接する磯子区鳳町と対応して名付けた。

長者町(ちょうじゃまち)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。明治3年に吉田新田の埋立地に長者町字1丁目から4丁目を新設した。『横浜沿革誌』の明治3年6月の項に「吉田新田ノ中家屋聯接セシヲ以テ長者、福富ノ両町名ヲ付ス」の記録がある。昭和3年9月1日の町界町名地番整理施行にともない蓬莱町、梅ケ枝町、福富町、末吉町、若竹町、賑町、久方町、足曳町、雲井町、若葉町から字5丁目から9丁目の区域を設ける。町名は縁起を祝って名付けた。町内に祀る長者稲荷から「長者」を採ったとの説もある。『新篇武蔵風土記稿』の「吉田新田」の項に「稲荷社 除地、同じ方にあり、持同じ」の記録がある。町は1丁目から9丁目の字区域がある。

千代崎町(ちよざきちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡北方村といい、明治6年に町並みの整ったところに千代崎町字1丁目・2丁目を新設した。昭和3年の町界町名地番整理施行にともない千代崎町通から北方町字竹ノ花の全部を区域と定め、千代崎町字3丁目・4丁目を新設した。町は1丁目から4丁目の字区域がある。

塚越(つかごし)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年の横浜市編入の際、根岸町となる。町名は字名を採った。地名研究で「ツカ」とは「丘や土を盛った地形」、「コシ」は「崖、麓」を意味するという。

月岡町(つきおかちょう)

明治9年2月設置。
昭和10年廃止。
戸部村の一部と太田村の一部を分割し設置。昭和10年7月1日町界町名整理の際に廃止され、西区老松町に編入された。

寺久保(てらくぼ)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年の横浜市編入の際、根岸町となる。町名は字名を採った。地名研究で「テラウチ」は「平らな入り谷の地形」を意味するという。

常盤町(ときわちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。慶應3年(1867)3月に久良岐郡太田屋新田の沼地を埋め立て、明治4年に常盤町を新設した。明治6年3月に相生町以南を焼失し、明治6年5月に新浜町、若松町、緑町、高砂町、小松町、小船町、駒形町を廃止し、相生町、尾上町、住吉町、常盤町、真砂町、港町を東西直線に通し、常盤町は字1丁目から6丁目までを置く。昭和3年9月1日に土地区画整理を行い、常盤町通を尾上町、住吉町を経て大江橋川岸に出るように延長した。町名は謡曲「鉢の木」から採ったが、「常磐」ではなく「常盤」と表記する。町は1丁目から6丁目の字区域がある。

豊浦町(とようらちょう)

昭和42年11月10日設置。
昭和42年の本牧元町地先の埋め立てにともない新設した町。町名はこの地が元は海面であったため「浦」を選び、将来の繁栄を願って「豊浦」と名付けた。

このページへのお問合せ

中区総務部区政推進課

電話:045-224-8123

電話:045-224-8123

ファクス:045-224-8214

メールアドレス:na-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:873-651-421

先頭に戻る