このページの先頭です

中区の町名とその歩み(ま行の町名)

最終更新日 2019年2月18日

「まみむめも」から始まる町名の由来と、設置年月日を掲載しています。
出典 「横浜の町名」横浜市市民局(平成8年12月発行)・橫濱市町名沿革誌(昭和14年発行)・横浜市報

間門町(まかどちょう)

昭和8年4月1日設置。
平成6年廃止。
昭和8年4月1日、町界町名整理の際に、本牧町字池田、真福寺、配郷、一之谷二之谷、向及び根岸町字池袋の各一部の区域に新設し、1、2丁目を設置。字名間門を町名とした。
平成6年9月26日の住居表示施行により廃止。現在の池袋、千鳥町、本牧荒井、本牧三之谷、本牧間門の各一部。

真砂町(まさごちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。慶應3年(1867)3月に伊藤清十郎が太田屋新田の沼地を埋め立て真砂町を新設した。明治6年3月に相生町以南が焼失し、明治6年5月に新浜町、若松町、緑町、高砂町、小松町、小船町、駒形町を廃止し、相生町、尾上町、住吉町、常盤町、真砂町、港町を東西直線に通し、真砂町字1丁目から4丁目までを置く。町名は佳名を採った。町は1丁目から4丁目の字区域がある。

松ケ枝町(まつがえちょう)

明治6年2月設置。
昭和3年廃止。
吉原町を廃止し新設。昭和3年9月1日町界町名整理の際に廃止。現在の中区伊勢佐木町2丁目。

松影町(まつかげちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡吉田新田の南一ツ目と呼ばれる沼地であったが、明治6年に掘割川を切り開いた土砂で埋め立て、万代町、不老町、翁町、扇町、寿町などとともに松影町字1丁目から4丁目までを新設した。町名は佳名を採った。町は1丁目から4丁目の字区域がある。

豆口台(まめぐちだい)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年に横浜市に編入して根岸町となる。町名はこの地域が台地であることから字名「豆口」に「台」を付けて名付けた。

港町(みなとちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡太田屋新田といい、明治4年に町並みの整った所に相生町、住吉町、尾上町、小松町、小船町、高砂町などとともに港町を新設した。明治6年3月に相生町以南を焼失し、明治6年5月に新浜町、若松町、緑町、高砂町、小松町、小船町、駒形町を廃止し、相生町、尾上町、住吉町、常盤町、真砂町、港町を東西直線に通し、港町字1丁目から6丁目までを置いた。町名は開港場に因んで名付けた。町は1丁目から6丁目の字区域がある。

南仲通(みなみなかどおり)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡横浜村といい、安政6年(1859)の横浜開港に際して南仲通字2丁目から5丁目までを新設した。明治4年4月に神奈川県庁を起点として、字1丁目から5丁目までを置いた。町名は本町の南方にあたることから名付けた。町は1丁目から5丁目の字区域がある。

南本牧(みなみほんもく)

平成10年4月1日設置。
南本牧ふ頭の存在する埋立地。

簑沢(みのさわ)

昭和8年4月1日設置。
昭和8年に根岸町の一部から新設した町。古くは久良岐郡根岸村といい、明治34年、横浜市に編入して根岸町となる。町名は字名を採った。地名研究で「ミノサワ」は「土地の低い沢(谷戸)」を意味するという。

三春町(みはるちょう)

明治4年9月設置。
昭和3年廃止。
太田村地内の町並家屋が連なっている区域に設置。昭和3年9月1日町界町名整理の際に廃止。
現在の中区黄金町、初音町、南区前里町の各一部区域。

宮川町(みやがわちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡戸部村野毛浦といい、明治5年11月に都橋から大岡川の西河岸側に宮川町を新設した。「宮川」は野毛の都橋のそばに祀られていた「子ノ神社」の横を流れていた川の名に由来する。町は1丁目から3丁目の字区域がある。

妙香寺台(みょうこうじだい)

昭和11年11月1日設置。
昭和11年に北方町の一部から新設した町。古くは久良岐郡北方村といい、明治22年の市町村制施行の際、本牧村となり、明治34年に横浜市に編入して北方町となる。町名は町内にある蓮昌山妙香寺に因んで名付けた。

三吉町(みよしちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。もとは久良岐郡吉田新田の内であったが、明治5、6年頃に三吉町字1丁目から4丁目までを新設した。町名は縁起を祝って名付けた。

麦田町(むぎたちょう)

昭和3年9月1日設置。
昭和3年の町界町名地番整理施行にともない根岸町字麦田および北方町字上野、根岸町字立野、鷺山、竹ノ丸の一部から新設した町。麦田町字1丁目から4丁目までを置く。古くは久良岐郡根岸村といった。町名は字名を採った。地名研究で「ムギ」は植物の「麦」の意味と「段丘」の意味とがあるという。町は1丁目から4丁目の字区域がある。

元浜町(もとはまちょう)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。古くは久良岐郡横浜村といい、安政6年(1859)の横浜開港に際し、海辺通字2丁目から5丁目までを新設した。明治4年4月にその地先を埋め立て海岸通を新設したため、海辺通を元浜町と改称した。町は1丁目から4丁目の字区域がある。

元町(もとまち)

明治22年4月1日設置。
明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。安政6年(1895)の横浜開港に際し、開港場を建設するため、横浜村の民家91余軒を万延元年(1860)2月に掘川の東へ移し、本村、元村、元村町、横浜元町などと呼んだ。外国人居留地と山手居留地の中間に位置することから、農漁業よりも外国人へ日用品を供給し、輸入品を扱う店が多くなり、文久3年(1863)にほぼ今の元町が形成された。横浜市に編入して単に元町と称するようになった。町名は元の横浜村を移したことから名付けた。町は1丁目から5丁目の字区域がある。

このページへのお問合せ

中区総務部区政推進課

電話:045-224-8123

電話:045-224-8123

ファクス:045-224-8214

メールアドレス:na-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:181-034-168

先頭に戻る