このページの先頭です

化学物質対策

最終更新日 2020年4月13日

リスクコミュニケーション

 市民、事業者、行政が化学物質に関する情報を共有し、意見交換を通じて意思疎通を図ることをリスクコミュニケーションと呼んでいます。(参考)リスクコミュニケーション(外部サイト)(環境省)

 横浜市では、リスクコミュニケーションを推進するため、イベントやセミナー等により、市民及び事業者の方へ化学物質対策についての情報提供を行っています。

お知らせ

 化学物質と環境に関するセミナーを開催予定です。

 ただいま準備中です。しばらくお待ちください。

過去のセミナー実績

環境にやさしい工場に見学に行こう!

 環境にやさしい取り組みを行っている、横浜市内の工場を紹介しています。
 見学の実施状況等は、各工場にご確認ください。
 チラシに掲載されている、各工場のホームページもご参照ください。

PRTR

 PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。
 PRTRについての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

化学物質に関する資料

パンフレットの配布

 環境管理課の窓口にて、化学物質に関するパンフレットの配布をしています。ご興味のある方は、下の問合せ先までご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-2487

電話:045-671-2487

ファクス:045-681-2790

メールアドレス:ks-kagaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:626-917-099

先頭に戻る