このページの先頭です

ダイオキシン類・内分泌攪乱物質(環境ホルモン)

 ダイオキシン類は、塩素を含むものを燃やしたときや化学物質の製造中に合成されてしまう不純物など、非意図的に生成されてしまう物質です。内分泌攪乱物質は環境ホルモンとも称され、生体内に入ったとき、正常ホルモンの作用に影響を与える外因性の物質のことです。

最終更新日 2019年2月6日

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-2487

電話:045-671-2487

ファクス:045-681-2790

メールアドレス:ks-kagaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:981-824-247

先頭に戻る