このページの先頭です

環境リスク評価

最終更新日 2023年10月20日

環境リスク評価とは、「環境汚染を通じて、人の健康や生態系に好ましくない影響を与えるおそれ」(環境リスク)について、科学的な観点から定量的な検討と評価を行うことを言います。
今日、多種多様な化学物質が環境中へ排出されており、それらによる望ましくない環境影響を未然に防止するためには、化学物質の環境リスクについて、環境リスク評価を行い、その結果に基づいて、必要に応じ、環境リスクを低減させるための対策を進めていく必要があります。

環境リスク評価資料

「化学物質の環境リスク初期評価」(環境省)(外部サイト)
「化学物質取扱い事業所周辺の環境リスク評価のための手引き」(川崎市)(外部サイト)
「経済産業省-低煙源工場拡散モデル(METI-LISモデル)」(社団法人産業環境管理協会)(外部サイト)
【動画配信】令和3年度環境リスク評価講習会(川崎市)(外部サイト)

横浜市内の長期気象データ

横浜市内の長期気象データについて

過去5年間の、横浜市内の気象データ(METI-LIS読込用長期気象データ、CSVファイル)をダウンロードできます。
年度ごとに、横浜市内の全ての大気汚染常時監視測定局のデータをzip形式でまとめています。

横浜市内の気象データ(METI-LIS読込用長期気象データ)について(PDF:454KB)
ダウンロードできるCSVファイルの、データの内容や入手元の説明資料です。

大気汚染常時監視局の配置図

ダウンロード用データ(オープンデータ)

オープンデータの利用について

このページに掲載しているオープンデータは、クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンスの下に提供されています。

ccby

ライセンスに関する詳細は下記リンクの記載をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-2487

電話:045-671-2487

ファクス:045-681-2790

メールアドレス:ks-kagaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:789-567-217

先頭に戻る