このページの先頭です

横浜市子供を虐待から守る条例

最終更新日 2021年10月5日

令和3年10月5日 「横浜市子供を虐待から守る条例」が改正されました!

「横浜市子供を虐待から守る条例」は、子供に優しい街を目指し、子供が虐げられ、傷つくことが決してないように、全ての市民が一体となって、地域の力で子供と家庭を支える環境づくりを構築するため、議員提案により平成26年6月5日に制定され、平成26年11月5日から施行しました。
この条例は、子供を虐待から守るための基本理念を定め、虐待の予防及び早期発見、虐待を受けた子供の保護その他子供を虐待から守るための施策の基本的事項を定めて、子供を虐待から守る施策を総合的に推進し、子供の心身の健やかな成長に寄与することを目的としています。
本条例の制定から7年が経過し、本市をめぐる児童虐待への対応状況も変化していること、そして、平成28年の児童福祉法の改正、令和元年の児童虐待防止法の改正を踏まえ、本市全体で子どもの権利を守り、虐待を防止する取り組みを推進することを目的として、本条例の基本理念をはじめ、市、市民、保護者の責務を中心に本条例の一部改正を行いました。
保護者は子育てに際して虐待をしないことに加えて、体罰など子どもの心を傷つける行為をしないこと、また、保護者の体罰などをしない子育てを、横浜市全体として支える内容を追加しています。

「STOP!こども虐待」リーフレット

虐待防止についての理解を深め、関係機関や地域の皆さんから情報提供(通告)していただくためのリーフレットです。
※条例改正前の内容になります。今後リーフレットも更新予定です。

こども虐待防止条例リーフレット

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局こども家庭課児童虐待・DV対策担当

電話:045-671-4288

電話:045-671-4288

ファクス:045-681-0925

メールアドレス:kd-stopkodomogyakutai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:423-457-293

先頭に戻る