このページの先頭です

栄消防団

最終更新日 2019年3月20日

栄消防団からのお知らせ

平成31年度年間行事予定

平成31年度の主な年間計画
日程 主な行事 場所
5月26日(日曜日) 車両運行訓練 横浜市消防訓練センター
7月20日(土曜日) 水害対策訓練 横浜市消防訓練センター
11月16日(土曜日) 横浜市消防操法技術訓練会 横浜市消防訓練センター
11月(日付未定) 震災対策消防団地区本部運営訓練 栄区全域
1月11日(土曜日) 栄区消防出初式 栄公会堂及び、栄区役所駐車場
3月(日付未定) 専科教育機関科 横浜市消防訓練センター

活動報告

栄消防団の活動を紹介します!

平成31年2月17日「新入団員研修」

今回行われた新入団員研修には11人の新入団の方が参加されました。
この研修は年に数回行われるもので、新たに消防団員になられた方が皆さん受けられます。
新入団員研修では、座学・訓練礼式・ホース取扱い要領など基本的なことを先輩団員に教えて頂きます。
消防団では様々な資機材を配置しておりますので、所属される班に戻られてからも資機材取扱訓練等に参加していただきたいと思います!

栄消防団員募集

いますぐ出来る地域貢献。防火防災対策について正しい知識を学ぶことができます。
栄区の安心・安全のため、あなたの力が必要です。
募集対象:18歳以上で栄区内に在住、在勤又は在学のうちいずれかに該当する方。
お問い合わせ:横浜市栄消防署庶務課消防団係
電話:045-892-0119

栄消防団の紹介

昭和22年12月に消防組織法が制定され、これに伴って横浜市消防団条例が公布、警防団が消防団に改組されました。昭和23年3月7日、自治消防の発足に伴い、横浜市消防団の第一歩が始まり、栄消防団は昭和61年11月3日行政区再編成により戸塚消防団から分離、誕生し、現在に至っています。
平成10年度から女性消防団員の採用が始まり、平成31年3月1日現在57人の女性消防団員の方々が活動しています。
また、区内に11箇所の器具置場、11台の積載車、17台の可搬式小型動力ポンプ、その他、人命救助用資機材等を配置し、日夜区内全域の防火・防災活動に従事しています。

栄消防団の組織体制

栄消防団の組織(平成31年3月1日現在)
消防団本部 1本部
分団数 4分団
班数 11班
団員数 370人
女性消防団員数(内数) 57人
積載車 11台
器具置場 11箇所
可搬式小型動力ポンプ 17台

栄消防団の階級(補職)別人員構成
階級 人員
団長 1人
副団長 2人
本部部長 4人
分団長 4人
副分団長 8人
部長 10人
班長 48人
団員 293人

栄消防団の担当区域

第一分団
担当区域
第1班 長沼町
第2班 本郷台一丁目~五丁目、飯島町(上)
第3班 飯島町(下)

第二分団
担当区域
第1班 金井町
第2班 田谷町
第3班 長尾台町

第三分団
担当区域
第1班 笠間町、笠間一丁目~五丁目
第2班 小菅ヶ谷町、小山台一丁目~二丁目、小菅ヶ谷一丁目~四丁目
第3班 鍛冶ヶ谷町、鍛冶ヶ谷一丁目~二丁目、若竹町、中野町、柏陽、元大橋一丁目~二丁目

第四分団
担当区域
第1班 桂町、公田町、桂台東、桂台西一丁目~二丁目、桂台中、桂台南一丁目~二丁目、桂台北
第2班 上郷町、亀井町、犬山町、上之町、尾月、東上郷町、庄戸一丁目~五丁目、長倉町、野七里一丁目~二丁目

このページへのお問合せ

消防局栄消防署

電話:045-892-0119

電話:045-892-0119

ファクス:045-892-0119

メールアドレス:sy-sakae@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:801-061-154

先頭に戻る