このページの先頭です

保育所等利用案内

最終更新日 2019年5月21日

お知らせ

・保育所等の空き状況は、毎月1日に更新予定です。(状況により遅れる場合があります。)
詳しくは、「5泉区内保育施設の空き状況」をご覧ください。

1保育所等の利用ができる方

保護者が、次のような事由の場合に申し込めます。

  1. 会社や自宅を問わず、1日4時間以上かつ月16日以上働いているとき
  2. 出産の準備や出産後の休養が必要なとき(産前産後各8週間)
  3. 病気や障害のため保育が困難なとき
  4. 病人や障害者を介護しているとき
  5. 大学や職業訓練校、専門学校などに通っているとき
  6. 仕事を探しているとき
  7. 育児休業が終了し、仕事に復職するとき(※1)
  8. 自宅や近所の火災などの災害の復旧にあたっているとき
  9. 虐待や配偶者等からのDV(家庭内暴力)のおそれがあるとき

※育児休業中の申請ができる人は、入所後復職する方です。(例えば4月1日入所の方は5月1日までに復職する方です。)

2利用申請が可能な施設

利用申請が可能な施設
施設・事業実施年齢内容
認可保育所0~5歳横浜市が設置する市立保育所と社会福祉法人等が設置する私立保育所があります。
認定こども園
(保育利用)
0~5歳幼稚園と保育所の機能や特長を併せ持つ施設です。

小規模保育事業0~2歳定員が6名以上19人以下と比較的小規模な環境できめ細かな保育を実施する事業です。
4※家庭的保育事業0~2歳家庭的な雰囲気のもとで、少人数を対象にきめ細かな保育を実施する事業です。
5※事業所内保育事業
(地域枠)
0~2歳企業が従業員の子どもの保育に加え、地域において保育を必要とする子どもにも保育を実施する事業です。

※31年4月1日時点で、泉区には該当施設がありません。

3支給認定の種類

支給認定の種類
認定区分対象となる子ども利用できる主な施設
1号認定

3~5歳(保育を必要としない子ども)

幼稚園(新制度対象の園)
認定こども園(教育利用)
2号認定3~5歳(保育を必要とする子ども)保育所
認定こども園(保育利用)
3号認定0~2歳(保育を必要とする子ども)保育所
認定こども園(保育利用)
地域型保育事業(小規模保育、家庭的保育など)

注)認定は、利用の申請と同時に行うことができます。

4利用申請

保育所等の利用を希望する方は、支給認定申請に加え、利用申請の手続きを行っていただく必要があります。
利用開始を希望する年月日により、申請の締切日が異なります。

申請場所
申請対象申請場所
泉区にお住まいで横浜市の園を希望する場合泉区役所(※4月入所申請は除く)
他の区または市外にお住まいで泉区の園を希望する場合お住いの区役所または自治体
泉区にお住まいで横浜市外の園を希望する場合泉区役所(※保育所所在地の自治体にお問い合わせのうえ申請して下さい。)
申請締切日
利用開始月申請受付期間
元年5月

3月11日(月曜日)~4月10日(水曜日)

元年6月

4月11日(木曜日)~5月10日(金曜日)

元年7月5月13日(月曜日)~6月10日(月曜日)
元年8月6月11日(火曜日)~7月10日(水曜日)
元年9月7月11日(木曜日)~8月9日(金曜日)
元年10月8月13日(火曜日)~9月10日(火曜日)
元年11月9月11日(水曜日)~10月10日(木曜日)
元年12月10月11日(金曜日)~11月8日(金曜日)
2年1月11月11日(月曜日)~12月10日(火曜日)
2年2月12月11日(水曜日)~1月10日(金曜日)
2年3月1月14日(火曜日)~2月10日(月曜日)


※原則、各月1日からの利用開始です。
※原則、窓口受付のみです。(郵送での受付は行っていません。)

泉区内の保育所等の空き状況は毎月1日に更新予定です。
令和元年6月の保育所等施設入所可能人数(PDF:133KB)

6申請に必要な書類

  • 支給認定申請書(2・3号用)(兼認定内容確認票)
  • 利用申請書(2・3号用)
  • 2号3号認定理由申立書
  • マイナンバー記入用紙、本人確認書類
  • 保育を必要とすることを証明する書類(世帯の状況により必要な書類が異なります)

必要書類のダウンロード

必要書類のダウンロードは、こども青少年局のホームページからできます。

7泉区の保育所一覧

8一時保育の案内

(1)対象児童について
認可保育所(小規模保育事業、家庭的保育事業、認定こども園(保育利用)、横浜保育室を含む)に在籍していない未就学児童

一時保育の内容
種類内容利用限度
非定型的保育保護者等の就労、職業訓練や就学等により、家庭での保育が断続的に困難となる児童をお預かりします。週3日または月120時間以内
緊急保育保護者等の疾病、入院、冠婚葬祭などやむを得ない理由により、緊急一時的に保育が必要となる児童をお預かりします。1回に連続して14日以内
リフレッシュ保育育児に伴う保護者の身体的、心理的負担を解消するため、一時的に児童をお預かりします。1回のお申込みにつき1日以内

(2)保育時間について
原則として、各保育所の開所保育時間です。
(3)児童の送迎について
保育所での送迎はありません。
(4)利用料について
各保育所が定める利用料(日額)をご負担いただきます。
また、利用料以外にも食費等の実費が必要な場合もあります。
詳細は、各保育所にお問合せください。
(5)利用申請について
一時保育実施保育所へ直接お申込みください。(保護者と保育所との契約になります。)
なお、利用定員によっては、利用を制限させていただくことがあります。
(6)一時保育受け入れ保育所一覧
泉区の受け入れ保育所一覧(PDF:106KB)

問合せ先

こども家庭支援課こども家庭係保育担当(2階210番
電話:045-800-2413
ファックス:045-800-2513

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

泉区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-800-2444

電話:045-800-2444

ファクス:045-800-2513

メールアドレス:iz-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:301-933-553

先頭に戻る