このページの先頭です

第2回 アジア・スマートシティ会議

最終更新日 2019年3月6日

2013年10月24日、パシフィコ横浜にて、第2回アジア・スマートシティ会議が開催されました。
第2回アジア・スマートシティ会議は、アジアより20都市の市長及び代表者、国際機関を招き、再生エネルギーや低炭素のまちづくりなどスマートシティの技 術や知見について意見交換を行うとともに、横浜が有する先進的な取組や、ベストプラクティスを共有することを目的とした本市主催の国際会議です。
この会議は、世界のスマートシティの知見を集め世界に発信する国際会議・展示会である日経BP社主催のスマートシティウィークのプログラムの一環として開催されました。

スマートシティウィークについては、下記のページをご参照ください。
http://expo.nikkeibp.co.jp/scw/2013/exhibitguide/(外部サイト)

会議概要

日時: 2013年10月24日(木曜日) 9:30-13:00
場所: パシフィコ横浜会議センター503
主催: 横浜市
協力: 日経BP社
後援: 外務省、環境省、JICA(国際協力機構)

参加都市:
バンコク都(タイ)、セブ市(フィリピン)、コロンボ市(スリランカ)、ダナン市(ベトナム)、北ダッカ市(バングラデシュ)、南ダッカ市(バングラデ シュ)、フエ市(ベトナム)、ホーチミン市(ベトナム)、イスカンダル地域(マレーシア)、キャンディ市(スリランカ)、北九州市(日本)、マカッサル市 (インドネシア)、北スマトラ州(インドネシア)、セベランプライ市(マレーシア)、ペナン島市(マレーシア)、プノンペン市(カンボジア)、スバ市 (フィジー)、ウランバートル市(モンゴル)、ヴィエンチャン市(ラオス)、ヤンゴン市(ミャンマー)、横浜市(日本)

日本政府及び国際機関:
ADB (アジア開発銀行)、OECD (経済協力開発機構)、WRI (ワールド・リソース・インスティテュート)、外務省、環境省、JICA (国際協力機構)

ascc1

ascc2

ascc3


ダウンロード

発表資料(英語)
バンコク都(PDF:1,533KB)
北九州市(PDF:809KB)
ADB(PDF:604KB)
JICA(PDF:5,669KB)
OECD(PDF:681KB)
環境省(PDF:908KB)
横浜市(PDF:816KB)

Conclusion(総括)
原文(英語)(PDF:27KB)
訳文(日本語)(PDF:74KB)

参考
2012年アジアスマートシティ宣言(原文・英語)(PDF:35KB)
2012年アジアスマートシティ宣言(日本語訳)(PDF:61KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

国際局国際協力部国際協力課

電話:045-671-4393

電話:045-671-4393

ファクス:045-664-7145

メールアドレス:ki-kyoryoku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:550-959-711

先頭に戻る