このページの先頭です

世界と伍するスタートアップ・エコシステム拠点「グローバル拠点都市」

最終更新日 2020年7月14日

グローバル拠点都市

 横浜市はこのたび、国(内閣府)が公募していた「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略※1」について、東京都をはじめ、自治体・企業・団体等と連携した、スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアムの一員として、「グローバル拠点都市」に選ばれました。
 今後は国の後押しをいただきながら、本市のリソースやポテンシャルを最大限活用し、世界で活躍するスタートアップの輩出をめざし、一層の取組を推進していきます。


林 文子 横浜市長コメント

 このたび、国の「グローバル拠点都市」に選定され、大変光栄です。「SDGs未来都市」の取組と連携させ、新たな社会課題の解決を目指して、横浜から次世代産業を生み出してまいります。
 横浜市は、2019年1月に「イノベーション都市・横浜」を宣言し、オープンイノベーションやスタートアップ支援に力を注いでまいりました。みなとみらい21地区には、資生堂様や京セラ様のイノベーションセンターの開所など、グローバル企業のR&D拠点が集積しています。また、ベンチャー企業成長支援拠点「YOXO BOX」を開設したほか、企業・大学・研究機関が参画するオープンイノベーションも積極的に進めています。選定にあたっては、こうしたオール横浜の取組やビジョンをご評価いただいたものと思います。
 このたびの選定を契機に、国とさらに連携し、横浜から世界へ羽ばたく新たなスタートアップの存在を国内外に発信することで、「イノベーション都市・横浜」を実現してまいります。       
                                                                                                                                         

本市の提案の概要

「イノベーション都市・横浜」を成長戦略の柱に位置付け、ベンチャー企業(スタートアップ)成長支援拠点「YOXOBOX」をハブとしてI・ToP横浜、LIP.横浜といったオープンイノベーションの取組を生かし、神奈川県と連携して、まちぐるみのスタートアップ支援・新ビジネス創出のコミュニティ形成を進め、横浜ならではの人・企業・投資を呼び込むエコシステムを構築します。
      

グローバル拠点都市「イノベーション都市・横浜(YOXO)」のエコシステム


     

スタートアップ・エコシステム 東京コンソーシアムについて

 スタートアップ・エコシステムのグローバル拠点都市としての地位を確立させることで、国際競争力の強化、スタートアップの創出や成長、ひいては東京圏の経済の持続的な発展を実現し、また、スタートアップ・エコシステムによるイノベーションを社会に実装し、地域に還元する活動を目指す。
(事務局)東京都 (参画団体)民間団体・事業者・大学等
(広域連携団体)横浜市、川崎市、和光市、茨城県、つくば市

   

※1 国の進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」について

 我が国の強みである優れた人材、研究開発力、企業活動、資金等を生かした世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステム拠点の形成と発展を目指す。このために、一定の集積、潜在力を有する都市で、地方自治体、大学、民間組織等がスタートアップ・エコシステムの形成に取り組む拠点形成計画を認定し、当該拠点都市に対して政府、民間サポーターによる支援を実施する。
※国は、グローバル拠点都市として全国で4か所選定しました。

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部新産業創造課

電話:045-671-3487

電話:045-671-3487

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-shinsangyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:822-625-870

先頭に戻る