このページの先頭です

用途地域が定められていない土地の区域における常備消防機関の現地到着時間(法第27条第1項)

最終更新日 2020年4月3日

概要

 平成27年国土交通省告示第255号「建築基準法第27条第1項に規定する特殊建築物の主要構造部の構造方法等を定める件」(令和2年2月26日改正・施行。以下「告示第255号」といいます。)において、建築基準法第27条第1項に規定する特殊建築物について、当該建築物の状況に応じて特定避難時間を計算し、当該特定避難時間に応じた避難時倒壊防止構造の建築物として建築する方法が位置付けられました。
 当該方法で建築する際に使用する告示第255号第1第4項に規定する「常備消防機関の現地到着時間」は、用途地域が定められている土地の区域については20分と定められていますが、用途地域が定められていない土地の区域については特定行政庁が定めることとなっています。

横浜市の取扱い

 告示第255号第1第4項に規定する常備消防機関の現地到着時間について、用途地域が定められていない土地の区域のうち特定行政庁が指定する区域及び特定行政庁が定める時間は以下のとおりです。

常備消防機関の現地到着時間

用途地域が定められていない土地の区域のうち特定行政庁が指定する区域

 横浜市全域(用途地域が定められていない土地の区域に限る。)

特定行政庁が定める時間(単位 分)

 30

施行日

 令和2年4月3日

参考

 用途地域が定められていない土地の区域における常備消防機関の現地到着時間(令和2年4月横浜市告示第228号)(PDF:49KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局建築指導部建築企画課

電話:045-671-2933

電話:045-671-2933

ファクス:045-550-3568

メールアドレス:kc-kjkikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:836-383-798

先頭に戻る