このページの先頭です

搬入不適正物の事例(南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場)

最終更新日 2021年10月1日

受入基準を満たしていない場合は、搬入廃棄物を積載したまま持ち帰っていただきます。御利用方法のページで南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場利用の手引きを確認の上、御利用ください。

以下に、受入を拒否した事例の一部を掲載しています。

不適正事例
説明文事例写真
木くずは受入品目にはないため、
わずかでも混入を確認した場合は、
搬入できません。

木くず混入の不適正事例


リサイクル可能な金属くずは、
搬入できません。
資源化に御協力ください。

金属くず搬入の不適正事例


廃プラスチック類及びゴムくずは、
最大径(大きさ)15cm以下に
破砕又は切断してください。
また、中空の物は搬入できません。

廃プラスチック類及びゴムくずのの不適正事例


その他の産業廃棄物については、
最大径(大きさ)30cm以下に
破砕又は切断してください。
また、中空の物は搬入できません。

最大径等の不適正事例


石綿含有産業廃棄物は、
90L以下の袋に入れてください。
なお、袋が破けている場合は、
搬入できません。

石綿含有産業廃棄物の不適正事例


このページへのお問合せ

資源循環局事業系対策部産業廃棄物対策課施設指導係

電話:045-671-2515

電話:045-671-2515

ファクス:045-651-6805

メールアドレス:sj-sampaitaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:687-752-321

先頭に戻る