このページの先頭です

廃棄物処理における新型インフルエンザ対策の実施等について

最終更新日 2018年9月6日

患者や濃厚接触者が活動した地域等で、廃棄物処理業務に従事される処理業者の皆様におかれましては、従業員の健康管理を徹底するとともに、例えば、発熱症状のある者については発熱相談センターへの相談や自宅待機等の実施、ラッシュ時の公共交通機関利用を避けるための時差通勤や自転車通勤等を検討するなど感染機会を減らすための工夫をお願いします。

<環境省ガイドライン>
感染性廃棄物処理マニュアル (外部サイト)(環境省へのリンク)
廃棄物処理における新型インフルエンザ対策ガイドライン及びQ&A (外部サイト)(環境省へのリンク)

<特定接種登録申請について>
平成28年10月14日から、産業廃棄物処理事業においても新型インフルエンザ特定接種の登録申請の受付が始まりました。病院等の医療機関から排出される産業廃棄物や特別管理産業廃棄物(感染性廃棄物を含む)の収集運搬及び焼却処理の業務が対象となります。詳しくは下記リンクを御覧ください。
特定接種(国民生活・国民経済安定分野)に関する通知及びQ&A (外部サイト)(厚生労働省へのリンク)

このページへのお問合せ

資源循環局事業系対策部産業廃棄物対策課

電話:045-671-2511

電話:045-671-2511

ファクス:045-651-6805

メールアドレス:sj-sampaitaisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:149-254-875

先頭に戻る