このページの先頭です

災害時のペット対策について

最終更新日 2019年6月14日

ペットについても災害時の備えをしましょう

災害時にペットを守れるのは、飼い主さんだけです。
また、平常時にできないことは、非常時にはよりできません。

非常用の備えや、日頃からのしつけ、訓練をしておきましょう。
非常時にあると便利な物品等は、『災害時のペット対策』パンフレットを参考にしてください。

地域防災拠点におけるペット対策の支援を行っています

生活衛生課では、各地域防災拠点にて『ペット同行避難者受け入れルール』作りなどの支援を行っています。
災害発生時、地域防災拠点には続々と避難されてくる方がやってきます。
この中には、ペットを飼育されている方も多くいます。
しかし反対に、動物を苦手とする方やアレルギーなどの理由で動物と一緒にいられない方もいます。
このため、各地域防災拠点の実情に応じたペット受け入れのルールを予め作るなど、いざというときのための準備をお願いしています。
地域防災拠点の訓練において、『災害時ペット対策』について取り入れていただける意向がありましたら、生活衛生課までご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

青葉区福祉保健センター生活衛生課 環境衛生担当

電話:045-978-2465

電話:045-978-2465

ファクス:045-978-2423

メールアドレス:ao-eisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:234-950-768

先頭に戻る