このページの先頭です

あおばスタート補助金(旧あおば地域サポート補助金)

身近な地域課題の解決を目指して、これから始める継続的な取組のスタートを、「地域課題解決コース」と「地域連携コース」2つのコースで支援します!なお、申請にあたっては、必ず事前にご相談ください。

最終更新日 2022年2月21日

あおばスタート補助金とは

子育て、高齢者支援、地域の防災体制など、身近にある地域課題の解決を目指して、これから始める継続的な取組のスタートを支援するための補助金です。
対象とする団体や事業、補助する金額の違いにより、「地域課題解決コース」と「地域連携コース」の2つのコースがあります。

地域課題解決コース

対象団体

【2コース共通】

  • 2人以上の構成員を有し、団体への参加について制限を設けていない団体
  • 民主的な意思決定の場がある団体

対象事業

【2コース共通】

  • これから始める事業
  • 青葉区内の地域課題の解決につながる事業
  • 課題とその解決手法を明確に提示できる事業
  • 団体が自主的・主体的に企画及び実施する事業
  • 補助金の交付決定があった年度中に実施する事業
  • 補助金の交付決定があった年度を超えて継続的な取組を行おうとしている事業

【地域課題解決コースのみ】

  • 青葉区内で先駆的な事業
  • 自治会町内会の理解を得られる事業

※次に該当する事業は対象外とします。

  • 営利目的又は特定の個人や団体のみが利益を受ける事業
  • 政治的又は宗教的な宣伝の意図を有する事業
  • 他の補助金等の支援を受けている事業
  • 公序良俗に反するなど、支援の対象として適当でないと認められる事業

補助金額

50万円上限(補助対象経費の9/10)

事前相談期間

令和4年2月~5月

申請期間

令和4年2月21日(月曜日)~5月31日(火曜日)

交付決定

8月中を予定

【参考】令和4年度スケジュール
令和4年2~5月7月8月~令和5年3月令和5年4月

事前相談・申請

審査委員会交付決定事業実施

事業報告書の
作成・提出


地域連携コース

対象団体

【2コース共通】

  • 2人以上の構成員を有し、団体への参加について制限を設けていない団体
  • 民主的な意思決定の場がある団体

【地域連携コースのみ】

  • 自治会町内会を含む2つ以上の主体が連携している団体

対象事業

【2コース共通】

  • これから始める事業
  • 青葉区内の地域課題の解決につながる事業
  • 課題とその解決手法を明確に提示できる事業
  • 団体が自主的・主体的に企画及び実施する事業
  • 補助金の交付決定があった年度中に実施する事業
  • 補助金の交付決定があった年度を超えて継続的な取組を行おうとしている事業

※次に該当する事業は対象外とします。

  • 営利目的又は特定の個人や団体のみが利益を受ける事業
  • 政治的又は宗教的な宣伝の意図を有する事業
  • 他の補助金等の支援を受けている事業
  • 公序良俗に反するなど、支援の対象として適当でないと認められる事業

補助金額

25万円上限(補助対象経費の全額)

事前相談期間

令和4年2月~7月

申請期間

令和4年2月21日(月曜日)~7月29日(金曜日)

交付決定

9月中を予定

【参考】令和4年度スケジュール

令和4年2~7月

8月

9月

~令和5年3月令和5年4月

事前相談・申請

審査委員会交付決定事業実施

事業報告書の
作成・提出

共通事項

対象経費

事業に必要となる、申請日以降に支出する経費を対象とします。ただし、次に掲げるものは対象としません。

  • 整備後の施設などの維持管理に関する経費
  • 親睦的な飲食費、他団体への会費や寄付、直接組織の運営・活動にかかる経費
  • 申請団体に所属する者への謝金
対象経費一覧
 費目

内容

1備品・消耗品費物品等の購入費用
※ただし、パソコンやタブレット、デジタルカメラ等の電子機器類は、1台あたり税込み10万円未満のものとします。
2印刷製本費事業のチラシ、ポスター、冊子の制作費用

3

通信費事業に必要な郵送代
4謝金外部講師等への謝金
5保険料ボランティア保険、イベント保険
6賃借料会場利用料、機材のレンタル代
7改修費設備改修
8委託料団体では実施困難な業務
9その他区長が認めた費用

補助期間

単年度

交付決定方法

申請書提出後、審査委員会にて申請内容を審査した上で、補助金交付の可否及び補助金交付金額を決定します。

【審査項目】

必要性
(配点5点)

  • 地域の課題・ニーズをとらえたものか
  • 事業の効果は見込まれるか

主体性
(配点5点)

  • 事業は申請団体が主体的に実施するものか

実現性
(配点5点)

  • 地域や関係機関との合意形成等が図られているか
  • スケジュールや予算は実現性の高い計画か

継続性
(配点5点)

  • 継続するため活動資金や人材の確保はできているか

将来性
(配点1点)

  • 他団体との新たな連携など、活動の発展は見込めるか

創意工夫
(配点1点)

  • 他の参考となるような工夫やアイデアはあるか

【基準】

  • 審査委員の点数を合計し、その合計点数が、出席人数に12点を乗じた点数以上の案件を補助金交付対象案件とします。
  • 必要性、主体性、実現性及び継続性の審査項目に、半数以上の審査委員が最低点を付けた場合は対象外とします。

申請方法(※申請にあたっては、必ず事前にご相談ください!)

あおばスタート補助金交付要綱を確認の上、掲載している申請書等に必要事項を記入し、郵送、Eメール又は直接提出してください。

【提出書類】

  1. あおばスタート補助金交付申請書(第1号様式)(ワード:23KB)
  2. 事業計画書(第2号様式)(ワード:30KB)
  3. 収支予算書(第3号様式)(エクセル:15KB)
  4. 見積書または商品カタログの写しなど、算出の基礎となる資料(第3号様式の添付資料)※
  5. 団体名簿(第4号様式)(ワード:23KB)
  6. 団体概要書(第5号様式)(ワード:23KB)
  7. 規約・会則その他これらに類する書類※

※印について、特に区で定めた様式はありません。

【提出先】
青葉区区政推進課地域力推進担当(青葉区役所4階73番窓口)
住所:〒225-0024横浜市青葉区市ケ尾町31番地4
Eメール:ao-chiikiryoku@city.yokohama.jp
※青葉区役所の開庁時間は、午前8時45分から午後5時までです。

様式類

参考

要綱等

これまでの支援事業

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

青葉区総務部区政推進課地域力推進担当

電話:045-978-2286

電話:045-978-2286

ファクス:045-978-2410

メールアドレス:ao-chiikiryoku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:189-585-027

先頭に戻る