このページの先頭です

粗大ごみ処理手数料の免除を希望する方

生活保護世帯、福祉医療症の交付を受けているひとり親世帯など対象の12世帯については、年間で4個まで粗大ごみの処理手数料を免除します。対象となる世帯は下記でご確認ください。粗大ごみの減免制度を利用される場合は、お申込みの際に減免の対象であることを申し出てください。なお、市では収集できないごみもあります。「市では収集できないごみの排出方法

最終更新日 2020年6月1日

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、感染リスクの高い「密閉」「密集」「密接」が重なる状況を避けるため、下記のとおり対応を行います。
市民の皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

自己搬入施設における粗大ごみの受入制限について

現在、粗大ごみ自己搬入施設への持込みが大幅に増加し、感染の恐れや付近の道路状況への支障が生じていることから、各施設の受入個数に上限を設定します。
なお、自己搬入施設への持込みには、事前に粗大ごみ受付センターへの申込みが必要です。お申込みがない場合はお持込みができませんので、あらかじめご了承ください。
※人と人との接触機会を減らすため、お持込みいただく場合は、最小限の人数でご来場いただきますよう、お願いいたします。
※施設での荷下ろしはご自身で行っていただきますよう、お願いいたします。

港南ストックヤードの受付時間の短縮について

新型コロナウイルスの感染拡大の予防のため、港南ストックヤードの受付時間を当面の間、以下のとおり変更いたします。
なお、港南ストックヤード以外の持込み施設での粗大ごみの受け入れ及び粗大ごみの収集については通常どおり行います。
何卒ご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

港南ストックヤードへの持込み

4月8日以降 受付終了時間を16時に短縮します(通常は21時まで)。
※既にお申込みいただいている市民の方には、粗大ごみ受付センターよりご連絡いたします。
※4月8日時点で、既に4月8日以降のお申込みが完了している方が、受付時間の短縮に伴い、やむを得ず別日での搬入をご希望される場合は改めてお申込みいただく必要はありません。
※港南資源回収センターへの資源物の持込みについても同様となります。

鶴見資源化センター、長坂谷ストックヤード、神明台ストックヤードへの持込み

通常どおり9時から16時まで行います。
※長坂谷ストックヤードでのセンターリサイクルについても同様となります。

粗大ごみの収集

通常どおり行います。

LINEで問合せや申込みができます!

横浜市LINE公式アカウントでの粗大ごみの問合せ・申込みを開始しました!
LINEでの2回目以降のお申込みは、入力項目が省略されるなど、大変便利なサービスとなっております。
また、粗大ごみの手数料や最短の収集日の確認、ごみの分別案内もご利用いただけます。
わからないことがあれば、直接オペレーターに相談もできます。ぜひお友だち登録してご活用ください!

※減免制度をご利用される場合は、LINEからのお申込みの場合でもインターネット受付フォームでのお手続きとなります。
※サービスの利用には本アカウントのご利用前に、「 横浜市LINE公式アカウント 利用規約」への同意が必要です。サービスの利用開始をもって利用規約に同意いただいたものとみなします。また、個人情報の取扱い等について定めた「 横浜市LINE公式アカウント 運用ポリシー」についても、ご利用前に必ずご確認ください。

横浜市LINE公式アカウントとのお友だち登録方法
スマートフォンからIDで検索QRコードから

友だち追加

@cityofyokohama

QRコード


システムメンテナンスのお知らせ

次の日時にて、回線事業者によるネットワーク回線のメンテナンス工事が実施されます。
実施期間
6月4日(木)午後8時 ~ 午後10時
6月5日(金)午前4時 ~ 午前6時
6月8日(月)午後10時 ~ 午前0時

工事作業中は、一部の地域から次の各種サービスをご利用いただけない可能性があります。
影響範囲:インターネット受付、各種チャット、LINE、FAQ
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

粗大ごみ処理手数料の減免制度概要

対象世帯

○ 生活保護世帯
○ 特定中国残留邦人世帯
○ 身体障害1級または2級の認定を受けている方が属する世帯
○ 精神障害1級の認定を受けている方が属する世帯
○ 知的障害A1またはA2の認定を受けている方が属する世帯
○ 重複障害(身体障害3級かつ知的障害B1)の認定を受けている方が属する世帯
○ 福祉医療証の交付を受けているひとり親世帯
○ 介護保険要介護4または5の認定を受けている高齢者(65歳以上)が属する世帯
○ 粗大ごみを直接搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者で福祉保健センター長が認めた方

減免の範囲

1世帯あたり年間(4月1日~翌年3月31日)4個まで

減免の割合

全額免除

減免制度を利用した粗大ごみ排出までの流れ

1 申し込む

粗大ごみをお出しになる場合は、事前に粗大ごみ受付センターへのお申込みが必要です。
お申し込みの際に減免対象であることを申し出てください。
お申込みは、インターネットまたは電話をご利用ください。なお、一部、インターネットではお申込みができない品目もあります。
一覧(外部サイト)にない品目については、粗大ごみ受付センターに電話でお申し込みください。
また、インターネット受付をご利用する前に、「お申込みに係る注意事項」をご確認ください。

インターネット受付はこちら


粗大ごみのお電話でのお申込みやお問合せは粗大ごみ受付センターへ

月曜日~土曜日(祝日を含む) 午前8時30分~午後5時
※日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)はお休みとなります。

一般加入電話などからは、
0570-200-530(ナビダイヤル)
携帯電話やIP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、
045-330-3953

  • 間違い電話が大変多くなっています。番号をよくお確かめのうえ、おかけください。
  • 月曜日・火曜日や祝日の翌日は、電話が大変込み合います。
  • 混雑中も話し中にはなりません。長く呼び出していただいている電話から順におつなぎします。
  • サービスの品質向上を図るため、通話内容を録音しています。
  • 粗大ごみに出される品物の材質や大きさを事前に確認してからお申込みください。

FAXでのお申込み・お問合せ(聴覚・言語に障害のある方専用)

045-550-3599

  • 聴覚・言語に障害のある方はFAXでのお申込みができます。
  • 住所・お名前・FAX番号・出される品物の品名、材質、大きさ、個数などを記載してお送りください。

2 減免シールを受け取る

粗大ごみをお申込み後、減免シールを収集日までにご自宅に届くよう発送します。
収集日の2日前になってもシールが届かない場合は、粗大ごみ受付センターまでご連絡ください。

3 粗大ごみを出す

粗大ごみの見やすい箇所に粗大ごみ減免シールをはって、収集日当日の朝8時までにお申込みの時に確認した場所に出してください。
雨の日でも収集します。

  • 粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。
  • 収集車の火災事故が発生しています。ストーブ、ガステーブルなどは、灯油や電池を必ず抜いてから出してください。

粗大ごみを自己搬入ヤードに直接持ち込む場合

市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。
直接持ち込む場合も、収集してもらう場合と同様、事前に粗大ごみ受付センターでのお申込みが必要となります。

  • 事前にお申込みがない場合には、搬入することはできません。
  • 自己搬入施設では減免シールを取り扱っていません。事前に減免シールを品物に貼付して持ち込んでください。

粗大ごみの持ち出し収集

ひとり暮らしの高齢者や障害者、要介護認定者など、粗大ごみを持ち出すことができない方には、屋内から収集する制度があります。

お問合せの前にご確認ください

このページへのお問合せ

粗大ごみ受付センター(粗大ごみの申込み・問合せ)

電話:0570-200-530 または 045-330-3953

電話:0570-200-530 または 045-330-3953

ファクス:045-550-3599(聴覚・言語に障害のある方専用)

メールアドレス:info@sodai.city.yokohama.lg.jp

資源循環局家庭系対策部業務課運営係(このページの問合せ)

電話:045-671-3815 ※粗大ごみのお申込みはこちらではできません。

電話:045-671-3815 ※粗大ごみのお申込みはこちらではできません。

ファクス:045-662-1225 ※粗大ごみのお申込みはこちらではできません。

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:948-650-248

先頭に戻る