このページの先頭です

港北ニュータウン・北山田駅前センター街づくり協定

最終更新日 2019年10月30日

北山田駅前センター イメージ

街づくりテーマ 「オアシスタウン」

デザインテーマ 「南欧スタイル」

・協定内容
項目 内容
建築用途 ・ 建物1階部分の用途は、極力、物販・飲食・サービス店等とし、住宅・一般事務所等の使用は極力避ける。
駐車場・駐輪場・荷捌き場

・ 駐車場は、業務形態に応じた必要台数、および住戸数の50%以上を敷地内に設置する。

・ 駐車場の出入口は極力集約させる。
・ 駐車場、駐輪場、荷捌き場は敷地内の車道側に設置し、植栽を施す等美観に十分配慮する。
建築意匠

・ 高台からの景観に配慮し、勾配屋根を施す。

・ 低層部分は建物の用途区分、階高を示す水平線を施す。
・ 商業利用階の「窓」や「出入口」等の開口部は極力1ケ所以上のアーチを施す。
素材・色彩

・ 勾配屋根は、素焼きや石の瓦材をイメージさせる素材、明るい茶系の色調を用いる。

・ 主要な外壁は明るい色調とし、(土壁、大理石、素焼タイル等の自然素材系)、けばけばしい色彩は用いない。
演出

・ 店鋪や建物の主要出入口の周辺には、ベンチや花壇を配した「くつろぎの空間」を設け、窓辺には花を飾る等の工夫をする。

・ 夜間の賑わいを演出するため、建物や屋根形態を引き立てる照明を工夫する。
看板

広告
  ・ 極力小さいものとし、個性的な意匠に配慮する。
屋上看板等 ・ 設置しない。
袖看板 ・ 高さは極力商業利用階の階高までとし、街並みや建物との調和に配慮する。
壁面看板 ・ 建物の両袖の壁面を見せるようにする。
立体看板

・ 店鋪の業種、業態、商品が視覚的にイメージできる楽しいものとする。

・ 木、鋳鉄等、特徴ある素材を使ったものを励行する。
置看板 ・ 歩行の妨げとならないよう、敷地内に設置する。
その他 集合住宅階の修景

・ 住宅の設計に際しては通りからの洗濯物、布団等の見えがかりに配慮し、バルコニーは全面オープンにならないデザインとする。

・ 住宅階の壁面は、低層階(商業等)の壁面より可能な限りセットバックする等工夫をする。
歩行者専用道路橋周囲の修景 ・ 歩行者専用道路橋に直接接続が可能な建物は、2階部分においても極力商用利用を行う。
屋上設備等の修景

・ 屋上設備は、極力勾配屋根で隠すものとする(難しい場合、ルーバーで覆い屋根と同系色とする等工夫する。)。

・ 給排水管等は極力建物内部に取り込む(難しい場合は通りから見えない位置に設置する、壁面と同色にする、壁面デザインの構成要素にする等工夫する。)。
・ 屋上および屋上駐車場を設ける場合の床面は、屋根との色調をそろえたものとする。
ゴミ置き場

・ 車道側に設ける。

・ 極力一時保管用のゴミ置き場を設ける。また、目立たないように植栽帯で覆うように配慮する。
・ 生ゴミが発生する店鋪においては、各自、敷地内にゴミ置き場を設ける。
シャッター ・ 極力、透視シャッター等店内が見えるものを採用する。
日除けテント ・ 街並みの景観イメージに調和したデザインとし、歩行者の通行や防災活動の妨げにならないようにする。

北山田駅前センター街づくり協定の区域の画像
北山田駅前センター街づくり協定の区域

■ 港北ニュータウン街づくり協議との関連
協議に先立ち、横浜市の「港北ニュータウン地区街づくり協議指針 協議内容-5」 もご覧ください。1住戸当たりの敷地面積について記載されています。
◆協議内容-5

■ 協議窓口
北山田商業振興会 《担当:平林(ヒラバヤシ)》
住所:横浜市都筑区北山田2-2-14 コンフォータブル101号
電話:045-624-8528

■ 書式ダウンロード
北山田駅前センター街づくり協議書
◆PDFファイル(PDF:121KB) ◆MicrosoftWordファイル(ワード:60KB)
(協議手続きの流れはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局地域まちづくり部地域まちづくり課

電話:045-671-2667

電話:045-671-2667

ファクス:045-663-8641

メールアドレス:tb-chiikimachika@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:568-487-658

先頭に戻る