このページの先頭です

次世代自動車普及促進

最終更新日 2021年4月7日

横浜市保有次世代自動車

お知らせ・イベント 
日付 内容
2021年4月7日

4月29日(木・祝)に「FCV体感フェスタ in YOKOHAMA」を開催します!


1 公共施設への充電設備設置

公共施設へ電気自動車等用充電設備を設置しています。
詳しくは、市区庁舎の充電設備の導入状況ページへ

2 次世代自動車等の補助金

地球温暖化対策の一環として、水素供給設備、燃料電池自動車(FCV)、集合住宅向け電気自動車等用充電設備等への補助を行っています。
詳しくは、市の補助事業のご案内ページへ

  • 国の補助金情報

*関連リンク
経済産業省補助金:一般社団法人 次世代自動車振興センター(外部サイト)


横浜市では次世代自動車の普及・促進を行うため、区民祭りなどのイベントで次世代自動車の展示や外部給電デモを行っています。
次世代自動車である電気自動車や燃料電池自動車からは電気が取り出せるため、環境に良いだけでなく、災害時の非常用電源やデマンドレスポンス等に活用できます。

イベント展示写真

給電デモ映像(赤レンガ倉庫)


4  燃料電池自動車普及啓発に係る協定

横浜市地球温暖化対策実行計画に基づき、産業・業務・家庭・運輸等、様々な分野において、水素が日常的に利用される「水素社会の実現」に向け、事業者・行政等の連携により、水素エネルギーの積極的な導入と利活用を図っています。
この施策の一つとして、FCVの普及促進に取り組んできました。この取組をより一層加速していくため、国内でFCVを取り扱う事業者様に連携による普及啓発を呼びかけ、令和2年12月16日、神奈川県オールトヨタ販売店等7社様及び現代自動車ジャパン株式会社様と連携協定を締結しました。
今後は、今回協定を締結した事業者様と連携した様々な取組を展開していくとともに、事業者等との連携の輪をさらに拡大し、FCVの普及促進につなげていきます。
詳しくは、記者発表資料をご覧ください。
協定に関する過去の取組みはコチラ

協定締結事業者

・神奈川県オールトヨタ販売店等7社 (協定書の記載順)
  神奈川トヨタ自動車株式会社
  横浜トヨペット株式会社
  トヨタカローラ神奈川株式会社
  ネッツトヨタ神奈川株式会社
  株式会社トヨタレンタリース神奈川
  株式会社トヨタレンタリース横浜
  トヨタモビリティパーツ株式会社 神奈川支社
・現代自動車ジャパン株式会社

主な連携内容

  1. FCVに係る情報発信やPR活動、市の事業に係る広報(補助制度やイベントの事前告知等)
  2. FCVの普及啓発イベントの実施
  3. 横浜市域内で行われる各種イベントでのFCVの展示、FCVの車両性能や補助制度等を紹介するブースの出展

5 公用車への次世代自動車率先導入

「横浜市地球温暖化対策実行計画」では、「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、2050年までの脱炭素化を目指しています。また、併せて改定した「横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)」では、市内最大級の温室効果ガス排出事業者である横浜市役所が「Zero Carbon Yokohama」の実現に向けて、率先して排出削減に取り組むこととし、公用車への次世代自動車等の率先導入を行っています。

横浜市地球温暖化対策実行計画

横浜市地球温暖化対策実行計画(市役所編)

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境エネルギー課

電話:045-671-4225

電話:045-671-4225

ファクス:045-550-3925

メールアドレス:ks-energy@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:319-939-244

先頭に戻る