このページの先頭です

横浜の農を表す多彩なマーク

最終更新日 2024年2月5日

横浜の農を表す多彩なマーク

横浜農場


意欲的な生産者や多彩な農畜産物、農景観など、身近に魅力ある農が存在する横浜を一つの農場に見立て、「横浜農場」というキャッチフレーズでPRするものです。



ハマッ子


JA横浜のオリジナルブランド。JA横浜管内で生産された野菜等をすべてハマッ子としています。JA横浜の一括販売を中心に定着し、量販店との提携による直販から市場まで幅広く流通しています。


JA横浜ホームページ(外部サイト)

田奈恵みの里


このシンボルマークは田奈地区で生産された野菜や果物の他、地場産小麦で作ったうどん等にも表示されており、スーパーの地場野菜コーナーや直売所、田奈農協等で購入できます。
本マークは一般公募により選ばれたもので、市民と農との交流による笑顔と大地の恵みの豊かさが表現されています。


<恵みの里とは>
地域ぐるみで農の恵み豊かな里づくりをしようというものです。田奈地区は横浜市北部(青葉区と緑区の一部)に位置し、多種多様な農産物が生産されています。なかでもサトイモをはじめニンジンや大根などの根菜類、コマツナやホウレンソウなどの葉菜類が盛んに栽培されています。

はまぽーく


食品リサイクル(学校給食・事業系食品等)でできた飼料と配合飼料(小麦・トウモロコシ)を混合給与し、横浜の生産者が育てた、日本食肉格付協会の評価を得た、肉質良好な豚肉です。肉の色は淡紅色で、脂肪は白く肉の中にも含まれるため、非常に柔らかいと好評です。



横濱ビーフ


横浜で生まれた神奈川県産最高級牛肉で、品種は黒毛和種です。最高級牛肉を生産する為に、厳選された子牛を導入して育てます。横濱ビーフ特定生産農家は牛飼いのベテラン揃い。横濱ビーフは餌に統一の基本配合「横濱ビーフA」を使用することで各生産農家の肉質・風味を均一に保っています。
※横濱ビーフの生産者14農家のうち5農家が横浜市内の生産者です。



このページへのお問合せ

環境創造局農政部農業振興課

電話:045-671-2637

電話:045-671-2637

ファクス:045-664-4425

メールアドレス:ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:886-391-402

先頭に戻る