このページの先頭です

みなとみらい農家朝市

最終更新日 2021年3月31日

新型コロナウイルス感染症拡大などを懸念して急遽、中止、延期など行う場合がございます。

令和3年度の開催日程について

横浜のとれたて新鮮な野菜や果物を市内の生産者(6の生産者団体と個人)が直売をしています。

スーパーなどではあまり見かけない珍しい種類も並びますが、生産者が美味しい料理法を教えてくれます。

ぜひご利用ください!

過去の朝市の様子

市内産の秋冬野菜
市内産の秋冬野菜。新鮮で大きさが揃った良質な野菜。


みなとみらい農家朝市収穫祭
賑わいをみせる朝市


果物や加工品
農家さんの手づくり加工品も大好評!


【みなとみらい農家朝市開催日時及び場所について】
日時

・毎月第4日曜日、9時~10時30分。
(品物がなくなり次第終了しますので、お早めにお越しください)
2021年4月25日(日曜日) 
5月23日(日曜日)
6月27日(日曜日)
7月25日(日曜日)
8月22日(日曜日)
9月26日(日曜日)
10月24日(日曜日) 
11月28日(日曜日)
12月26日(日曜日)
2022年 1月23日(日曜日)
2月27日(日曜日)
3月27日(日曜日)
注:少雨決行・荒天中止
新型コロナウイルス感染症拡大などを懸念して急遽、中止、延期など行う場合がございます。
※ マイバッグなどを持参の上ご来場ください。

場所高島中央公園(西区みなとみらい5-2)

高島中央公園


アクセス

高島中央公園案内図

みなとみらい線「新高島駅4番出口」から徒歩2分
市営地下鉄「高島町」から徒歩10分
桜木町駅から徒歩20分
JR横浜駅東口から徒歩16分
注:駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
内容

とれたて新鮮な野菜を横浜の農家の皆さんが直売します。
とれたて・旬の横浜産野菜・果物を直売、農家手づくり加工品等の直売

高島中央公園のパーゴラの下で直売

会場の様子1

会場の様子2


市内の元気な生産者が自ら直売。美味しい食べ方などが聞けます。

会場の様子3

会場の様子4


6月から夏野菜の旬です。トウモロコシや枝豆、トマト、キュウリ、カボチャなどの野菜も並びます。

夏野菜(とれたてトウモロコシ)

夏野菜(プチトマト)


夏野菜(南瓜、枝豆)

夏野菜(トマト、レタス)


冬野菜は11月頃から直売されます。大根などの代表的な野菜のほか、サボイキャベツや紫キャベツ、京いもなどのめずらしい野菜も並びます。

会場の様子1

会場の様子2


会場の様子3

会場の様子4


新米も直売しています。緑区で生産されたお米です。新米は9月ころから直売します。

会場の様子


農家手作りの農産加工品もあります。お漬け物や梅の加工品、米粉のお菓子など。

会場の様子1

会場の様子2


会場の様子3


梅の花やスイセンの花など、四季折々の切り花なども直売します。
会場の様子
注:販売品目については予定となります。

問合せ先

横浜市環境創造局農業振興課
電話:045-671-2639
*緊急的に開催を中止にする場合は、出店者のインスタグラム(下記)にてお知らせします。
https://www.instagram.com/koma_engei/(外部サイト)

今までの経緯

開港150周年を記念して、平成21年6月から9月にかけて「みなとみらい開港菜フェア」を毎月第4土曜日に開催しました。開港菜フェアに来場された方にアンケートを行い、95%の方から継続開催を求める声をいただきましたので、10月以降も引き続き開催することにしました。
また、来場された方に朝市の名称を募集し、「みなとみらい農家朝市」に決定しました。みなとみらい農家朝市出店者会の主催により、平成21年10月から毎月第4土曜日に開催しています。平成22年4月からは、毎月第4日曜日に変更して開催しています。

このページへのお問合せ

環境創造局農政部農業振興課

電話:045-671-2639

電話:045-671-2639

ファクス:045-664-4425

メールアドレス:ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:635-642-497

先頭に戻る