このページの先頭です

伐採及び伐採後の造林の届出・伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告について

最終更新日 2019年6月24日

横浜市内の地域森林計画対象民有林の樹木を伐採する際は、森林法に基づき、伐採を開始する90日前から30日前までの間に、横浜市長に「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要です(1ヘクタールを超える伐採は、神奈川県知事の許可を受ける必要があります)。
また、平成29年4月1日以降に森林法に基づく伐採及び伐採後の造林の届出を行った場合、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要です(森林法第10条の8第2項及び森林法施行規則第14条の2)。

「伐採及び伐採後の造林の届出」について

◆伐採届出の対象
地域森林計画対象民有林
(環境創造局みどりアップ推進課窓口で図面を確認することができます。
また、【神奈川県のデータ「地図情報(e-かなマップ(外部サイト))」】の環境の項目にある地域森林計画対象民有林位置図から確認することができます。)

◆届出期間
伐採を開始する90日前から30日前までの間

◆届出書について
「伐採及び伐採後の造林の届出書」【様式】Word(ワード:18KB)PDF(PDF:146KB)
「伐採及び伐採後の造林の届出書」【作成の手引】PDF(PDF:1,199KB)

「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」について

◆状況報告の対象
平成29年4月1日以降に「伐採及び伐採後の造林の届出書」に基づき森林の立木の伐採(主伐行為)及び造林を行った場合

◆報告期間
伐採後に森林以外の用途に転用する場合には伐採完了日⋆又は、伐採後の造林を完了した日から30日以内
【重要】⋆伐採完了日は届出書に記載した「伐採の期間」の終了日

◆報告書について
「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」【案内】PDF(PDF:61KB)
「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」【様式】PDF(PDF:81KB)Word(ワード:64KB)
「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」【記入例】PDF(PDF:100KB)

窓口

環境創造局みどりアップ推進課公園緑化協議担当
電話:045-671-3946(関内中央ビル6階)
お問合せは午前中にお願いいたします。(午後は担当者が検査等で不在の場合があります。)

市庁舎周辺案内はこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:823-833-168

先頭に戻る