このページの先頭です

精神障害者保健福祉手帳の交付

最終更新日 2019年10月24日

対象者

精神疾患を有するかたのうち、精神障害(発達障害・てんかん含む、知的障害を除く)のため長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方。

障害等級

障害の程度によって1級から3級までに認定され、等級により支援の内容が異なる場合があります。
年金証書等の写しによる申請の場合、年金の障害等級が手帳の等級となります。

申請方法

郵送でも各区役所窓口でも申請できます。
※横浜市自立支援医療(精神通院医療)と合わせて申請をご希望される方は、こちら(自立支援医療の申請方法について)もご確認ください。

1.郵送申請

精神障害者保健福祉手帳の郵送申請について(令和元年10月1日以降申請開始)

2.窓口申請

精神障害者保健福祉手帳の窓口申請については下記をご確認ください。

窓口申請について

場所

各区役所窓口

時間

月~金(祝日、休日、12/29~1/3を除く)の8時45分から17時00分まで(12時から13時は除く)

必要なもの

  • 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)、又は精神障害(発達障害・てんかん含む、知的障害を除く)を支給事由とする年金を現に受けていることを証する書類(年金証書、年金振込通知書、年金支払通知書、特別障害給付金受給資格者証等の写し)
  • 顔写真(縦4cm×横3cm)
  • マイナンバー手続き関係の書類(PDF:200KB)
  • 認印(年金証書等の写しで申請する場合)

申請から交付までの期間

申請から交付まで概ね、1か月半から3か月程度かかります。

診断書(精神障害者保健福祉手帳用)について

以下の様式をお使いください。
※自立支援医療(精神通院医療)の申請にも使用する場合は、様式中⑨~⑪にも記入があるものをご準備ください。ただし、入院中の場合で退院の見込みが立ってない場合は、自立支援医療(精神通院医療)の診断書としては使用できません。

  1. 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)
  1. 記載例(PDF:386KB)
  2. チェック付記載例(PDF:147KB)(医療機関用)
  3. チェックシート(PDF:66KB)(医療機関用)
  4. 記入に際しての留意事項(PDF:272KB)(医療機関用)

医療機関における診断書作成時の注意事項

  1. 横浜市提出用、医療機関控の2枚を作成してください。横浜市提出用をご本人にお渡しください。
  2. 診断書の基本サイズはA3です。A3印刷ができない場合は、左右を分けてA4に印刷し、医療機関において必ず割印を押してください。
  3. チェックシートにより、記入漏れ等がないかご確認ください。

精神障害者保健福祉手帳への「写真貼付」について

手帳の申請手続きには、写真の提出が必要となります。

対象者

  1. 精神障害者保健福祉手帳の交付を新規で申請される方
  2. 紛失・破損等で手帳の再交付を受けられる方
  3. 手帳の更新欄に空欄がない方
  4. 他の自治体で手帳交付を受けており、横浜市に転入された方
  5. 等級変更等で障害等級が変更となる方

写真について

  1. 1年以内に撮影されたもので、縦4cm×横3cmのサイズ
  2. 上半身の写真で本人確認が可能なもの。他者が写り込んでいないもの
  3. 帽子・サングラス等は不可。ポラロイド写真は不可

※申請の際には、写真の裏面に氏名、生年月日を記入してください。
申請の際に写真をご準備できない場合は、交付時にご提出ください。

関連情報(厚生労働省ホームページ)

各区役所のお問い合わせについて

「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行細則」の一部改正に関する意見公募について

意見公募について
意見公募は令和元年7月24日で終了しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局障害福祉部こころの健康相談センター

電話:045-671-4455

電話:045-671-4455

ファクス:045-662-3525

メールアドレス:kf-kokoro@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:619-855-101

先頭に戻る