このページの先頭です

鶴見消防団

最終更新日 2021年4月2日

鶴見消防団からのお知らせ

消防団員募集!!


💻入団希望の方は👆消防車をクリック💻

鶴見消防団NEWS

★PR動画★「鶴見消防団ドキュメント2020」

鶴見消防団では、一人の現役消防団員に焦点を絞り、入団から日々の活動、そして未来に向けて思いを込めた動画を作成しました。あなたも一緒に地域の安全・安心に貢献しませんか?
鶴見消防団はあなたの力を求めています!!

鶴見消防団の明るい雰囲気が伝わる、こちら↓の動画も是非ご覧ください♪

※動画を、ご視聴の際は、ファイル容量が大きいためデータ通信にご注意ください。

☆鶴見消防団員募集ポスターを作成☆

団員のデザインによる鶴見消防団員募集ポスターを作成しました。
是非ご覧ください!!

鶴見消防団への入団をご希望・もっと詳しい情報が知りたい方は、「鶴見消防署総務・予防課消防団係」までご連絡ください。
TEL:045-503-0119
MAIL:sy-tsurumi-sy@city.yokohama.jp

鶴見消防団だより

鶴見消防団活動紹介

新入団員研修(座学・実技)~令和3年4月5日(月曜日)・4月11日(日曜日)~

新入団員研修(座学・実技)を実施しました。
座学では、消防団の役割、心構え、安全管理などの講習を受け、実技では訓練礼式、資機材の取り扱い、放水訓練などを行い消防団員としての第一歩を踏み出しました。

⚓鶴見消防団と消防艇の連携による遠距離送水訓練⚓~令和2年12月~

水上消防救助部隊と連携した訓練を実施しました。
災害想定は、市内において震度6弱の地震が発生、鶴見区内では広範囲に渡り火災が発生しており、一部の消火栓が使用不能になっていることから、公設消防隊と消防団の連携による消防艇からの遠距離送水による消火活動を行うことになったという想定です。
この訓練を通じて大口径ホースの取り扱いを確認し、大規模地震が発生し、消火栓等が使用不能になった場合でも、自分たちの力でホースを延長して水利を確保することが可能だということを確認しました。
今後も署と団が連携して様々な訓練を行い、日ごろからお互いを知ることで、大規模災害発生時にも共に地域のために力を発揮していきたいと考えています。

鶴見消防団・鶴見消防署連携訓練~令和2年11月29日(日曜日)~

横浜市消防訓練センターにおいて、鶴見消防団第八分団の団員、約70名と鶴見消防署寺尾消防隊による建物火災を想定した連携訓練を実施しました。
今回の訓練では、消火栓や防火水槽を使用する際のポイントや注意事項について確認した後、消火訓練を行いました。消防団員と署員の連携を深めた実りのある訓練となりました。

大規模災害対応訓練~令和2年11月8日(日曜日)~

大規模災害対応訓練を実施しました。
感染防止対策のため鶴見区内全8個分団が、密を避け時間差を設けながら訓練の成果を発表しました。

鶴見消防団の紹介

警防団の機構等の強化について~歴史その1~

鶴見消防団は、昭和17年に警防団として発足し、警防団の機構等が強化されました。

鶴見消防団は自治体消防へ~歴史その2~

昭和22年12月に消防組織法が制定、昭和23年3月7日に施行され、自治体消防が発足しました。
昭和23年7月には横浜市消防団条例が公布され、消防団は公設消防とともに横浜市に移りました。ここから横浜市鶴見消防団の第一歩がはじまりました。

女性消防団員の採用について

平成9年には、消防団活動の多様化や、女性の積極的な参画機運が高まり、鶴見消防団では本市で初めて女性消防団を採用し、現在(令和3年4月1日現在)は、95名の女性消防団員が活動しています。

器具置場、積載車、可搬式小型動力ポンプ等について

鶴見消防団では、器具置場29か所、積載車28台、可搬式小型動力ポンプ35台を所有しています。その他切断・拡張等を行う救助資機材を所有しています。

鶴見消防団の活動について

火災、風水害、震災などの災害が発生した場合、直ちに現場に急行し、火災の消火活動を行うほか、人命救助、避難誘導、救急救助活動等を行っています。
平常時は、地域イベントに参加し、火災予防の普及活動を行うほか、団員の能力強化を図るため、ポンプ操法訓練、基礎的諸能力訓練、心肺蘇生法等の各種訓練を行っています。

鶴見消防団の組織体制

鶴見消防団の組織(令和3年4月1日現在)
消防団本部 1本部

分団数

8分団
班数 28班
団員数 492人
女性消防団員数 (内数)95人
消防ポンプ車 0台
小型ポンプ積載車 28台
可搬式小型動力ポンプ 35台
器具置場 29棟

鶴見消防団の階級(補職)別人員構成
階級 人員
団長 1人
副団長 3人
本部部長 3人
分団長 8人
副分団長 18人
部長 40人
班長 60人
団員

359人

合計

492人


鶴見消防団の担当区域

鶴見消防団の担当区域
分団 担当区域
第二分団

本町通1丁目から本町通4丁目まで、下野谷町1丁目から下野谷町4丁目まで、小野町、末広町1丁目、仲通1丁目、汐入町1丁目から汐入町2丁目まで、栄町通一丁目から栄町通二丁目まで、向井町1丁目から向町2丁目まで、潮田町1丁目から潮田町2丁目まで

第三分団

浜町1丁目から浜町2丁目まで、弁天町、仲通2丁目から仲通3丁目まで、汐入町3丁目、末広町2丁目、朝日町1丁目から朝日町2丁目まで、安善町1丁目から安善町2丁目まで、向井町3丁目から向井町4丁目まで、大東町、潮田町3丁目から潮田町4丁目まで、寛政町、扇島

第四分団

生麦一丁目から生麦五丁目まで、岸谷一丁目から岸谷四丁目まで、鶴見中央五丁目の一部(11番1号から11番12号まで、12番から13番まで、14番1号から14番28号まで、17番から18番まで、20番8号から20番11号まで、21番から31番まで)、東寺尾四丁目の一部(1番から6番まで、7番11号から7番21号まで、8番から11番まで、12番1号から12番37号まで、13番から25番まで)、東寺尾五丁目の一部(1番から14番まで、15番の一部、20番から21番まで)、東寺尾六丁目の一部(1番から3番まで)、大黒町、大黒ふ頭

第五分団

鶴見中央一丁目から鶴見中央四丁目まで、鶴見中央五丁目の一部(1番から10番まで、11番13号から11番30号まで、14番25号から14番29号まで、15番から16番まで、19番、20番1号から20番7号まで)、鶴見一丁目から鶴見二丁目まで、寺谷一丁目から寺谷二丁目まで、諏訪坂、佃野町、豊岡町

第六分団

元宮一丁目から元宮二丁目まで、尻手一丁目から尻手三丁目まで、市場上町、市場東中町、市場西中町、市場下町、市場大和町、市場富士見町、菅沢町、平安町1丁目から平安町2丁目まで、栄町通3丁目から栄町通4丁目まで

第七分団

駒岡一丁目から駒岡五丁目まで、上末吉一丁目から上末吉五丁目まで、下末吉一丁目から下末吉六丁目まで、梶山一丁目から梶山二丁目まで、三ツ池公園

第八分団

北寺尾一丁目から北寺尾七丁目まで、獅子ケ谷一丁目から獅子ケ谷三丁目まで、上の宮一丁目から上の宮二丁目まで、東寺尾東台、東寺尾中台、東寺尾北台、馬場一丁目から馬場七丁目まで、東寺尾一丁目、東寺尾二丁目の一部(1番から2番を除く)、東寺尾三丁目の一部(17番から18番を除く)、東寺尾四丁目の一部(1番から6番まで、7番11号から7番21号まで、8番から11番まで、12番1号から12番37号まで、13番から25番の区域を除く)、東寺尾五丁目の一部(1番から14番まで、15番の一部、20番から21番を除く)、東寺尾六丁目の一部(1番から3番を除く)

第九分団 矢向一丁目から矢向六丁目まで、江ケ崎町

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

消防局鶴見消防署総務・予防課

電話:045-503-0119

電話:045-503-0119

ファクス:045-503-0119

メールアドレス:sy-tsurumi-sy@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:901-525-582

先頭に戻る