このページの先頭です
Q

ラゲブリオやゾコーバ錠の薬剤費は、公費支援の対象となりますか。

最終更新日 2023年10月1日

健康・医療
A

令和5年10月以降に、新型コロナウイルス感染症の患者が、外来でラゲブリオやゾコーバ錠等の新型コロナウイルス感染症治療薬の処方(薬局での処方を含む)を受けた場合、その薬剤費は一部が公費負担の対象となります。(令和5年9月末までは、同薬剤費は全額が公費負担の対象となっていました。)
なお、当該薬剤を処方する際の手技料等は公費支援の対象に含まれません。(令和5年5月8日から9月末も同じです)

新型コロナウイルス感染症治療薬自己負担額(令和5年10月から)
医療費の自己負担割合自己負担額
1割負担の方3,000円
2割負担の方6,000円
3割負担の方9,000円

注意事項

ラゲブリオやゾコーバ錠等の新型コロナウイルス感染症治療薬は、それぞれ処方できる対象が限られています。詳しくは「新型コロナに感染したら誰でも治療薬を処方されますか」をご確認ください。

このページへのお問合せ

医療局健康安全部健康安全課

電話:045-671-2463

電話:045-671-2463

ファクス:045-664-7296

メールアドレス:ir-kenkoanzen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:141-498-999

先頭に戻る