このページの先頭です

外出自粛に伴う横浜市内の大気環境の変化について

最終更新日 2020年8月18日

記者発表資料

令和2年8月18日

環境創造局環境科学研究所

百瀬 英雄

電話番号:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言による国民の外出自粛要請は、自動車交通や産業活動から一次排出される窒素酸化物(NOx)などの大気中濃度に変化をもたらした可能性があることから、横浜市内の大気環境の測定データを解析しました。
 その結果、緊急事態宣言期間中のNOxなどについて、濃度の減少が見られました。今後も引き続き市内の大気環境の変化について注視していきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局政策調整部環境科学研究所

電話:045-453-2550

電話:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

メールアドレス:ks-kanken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:365-803-033

先頭に戻る