このページの先頭です

ハマの市場流!赤ちゃんと食べるお魚ご飯

最終更新日 2019年7月1日

概要

横浜市中央卸売市場本場では、公益社団法人神奈川県栄養士会の監修のもと、市場内事業者で組織する「横浜市場活性化協議会」と市場内に立地する「こまつな保育園」にご協力頂き、魚と野菜を使った取り分け離乳食レシピブックを作成しました。

作成背景

横浜市中央卸売市場本場の取扱品目である魚や野菜といった生鮮食料品のおいしさを、もっと若い世代に知ってもらいたいという思いから、今回子育て世帯向けにとりわけ離乳食レシピブックを作成しました。
水産白書によると、最近は特に40歳代以下の方の魚介類の摂取量が少なくなってきています。しかし魚は種類も多く、身もほぐしやすいことからとても離乳食に適しています。また豊富なうまみ成分があるため、だし汁との相性も良いです。
ぜひご家庭で季節ごとの旬の食材を使って、食事を楽しんでください。

冊子ダウンロード

主な冊子配布場所

  • 各区福祉保健課(離乳食教室など)
  • 市場一般開放日(6月・7月)

イベント情報

今後のイベント情報
日時イベント名内容その他

令和元年6月15日(土曜日)
9時30分ごろ

市場一般開放日でのPRデー
  • レシピブック掲載メニューの試食配布
  • レシピブックの配布、説明
 

令和元年7月20日(土曜日)
11時から13時まで

おさかな離乳食料理教室(要申込)
  • 市場のプロによるだしの話
  • とりわけ離乳食料理教室(計2品)
募集は終了しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局中央卸売市場本場経営支援課

電話:045-459-3336

電話:045-459-3336

ファクス:045-459-3307

メールアドレス:ke-shien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:425-409-777

先頭に戻る