このページの先頭です

ハマの市場を楽しもう!水産仲卸棟の一般開放日

最終更新日 2019年9月17日

ハマの市場を楽しもう!(市場一般開放)

毎月第1・第3土曜日(午前9時から午前11時まで)

横浜市中央卸売市場本場の水産物部では、毎月第1・第3土曜日の午前9時から午前11時まで市場を開放し、魚食普及の取組みとして、一般の方々との交流のための各種イベントを実施しています。
※中央卸売市場は業務用市場であり、市民開放日も買出人が仕入れに来ています。一般の方の9時以前の買い物はご遠慮いただくようお願いいたします。

令和元年9月21日(第3土曜日)の開催情報

市場開放の買い物はできますが、各種イベントは実施しません。

今後の開催情報

  • 次回は令和元年10月5日(土曜日)です。
  • 次々回は令和元年10月19日(土曜日)です。

アクセス

住所:横浜市中央卸売市場本場水産物部(横浜市神奈川区山内町1番地)
交通案内

  • 市営バス:横浜駅東口バスターミナル4番乗り場から、市営バス48系統「コットンハーバー」行「中央市場前」下車徒歩1分
  • 徒歩:「横浜駅」からは20分程度、京浜急行「神奈川駅」からは15分程度

駐車場をご利用のお客様へ
水産物部の駐車スペースは数に限りがございます。できるかぎり公共交通機関等でご来場ください。

徒歩でお越しになる場合の地図
各駅からのアクセス(徒歩)

よくあるご質問

Q
駐車場、駐輪場はありますか?
A

駐車場、駐輪場はありますが、市場関係者用のため数に限りがございます。できるかぎり公共交通機関をご利用ください。

Q
市場開放日以外の日でも、買い物することはできますか?
A

横浜市中央卸売市場は業務用市場のため、市民の方への小売りは行っていません。そのため、一般開放日以外の買い物はできません。

Q
市場開放は何時から何時までですか?
A

毎月第一、第三土曜日の午前9時から11時までとなっています。開放日であっても買出人の方が仕入れに来ているため、9時以前の買い物はご遠慮ください。

Q
市場内に飲食店はありますか?また利用はできますか?
A

関連棟(水産物部入口右手の警備室から右奥の建物)に飲食店がありますので、そちらをご利用ください。

Q
ペットを連れて入ることはできますか?
A

ペットを連れてのご入場はおやめください。(盲導犬・介助犬・聴導犬などは入場できます)

Q
市場開放では切り身のパックなどで魚は販売していますか?
A

基本は頭、尾が付いた状態での販売ですが、刺身や柵の状態にして販売している店舗もあります。店舗によっては、魚をおろすサービスも行っています。

Q
市場開放日であれば、イベントは必ず行っていますか?
A

市場開放日によってイベントの開催状況が異なります。イベント開催情報については、当ホームページをご確認ください。

Q
参加料がかかるイベントはありますか?
A

「魚のつめ放題」、「お魚さばき方教室」は参加料がかかるほか、魚河岸汁は令和元年度10月より有料で販売します。

Q
野菜や果物を買うことはできますか?
A

市場開放は水産棟のみで実施しているため、青果棟での野菜、果物の購入はできませんが、水産棟の卸売場や関連棟の一部店舗で野菜、果物の販売を行っていますので、そちらでご購入ください。

ご注意

  • この事業は水産物部仲卸売場を中心に実施しており、青果部など実施していない場所があります。また、二階は市場関係者の車両の駐車場となっております。お越しになりましたら案内表示などでご確認ください。
  • 事業実施日は水産物部の警備員室前の受付で、催し物の実施時間や場所等を記載しましたご案内のチラシなどを配布しています。(水産物部警備員室前の受付の場所:「中央市場前」バス停のそばの横です。)
  • 第1・第3土曜日が市場の休業日にあたる場合は、地域交流事業は実施しておりません。休業日については、横浜市中央卸売市場ホームページの市場カレンダーでご確認ください。

実施団体


横浜市中央卸売市場魚食普及推進協議会地域交流部会
横浜魚市場卸協同組合イベント係
電話:045-459-3400(8:30~15:00)※市場の休業日を除きます。

このページへのお問合せ

経済局中央卸売市場本場経営支援課

電話:045-459-3336

電話:045-459-3336

ファクス:045-459-3307

メールアドレス:ke-shien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:423-698-523

先頭に戻る