このページの先頭です

横浜市崖地【防災】対策工事助成金制度について

※平成31年度の受付を開始しました。

最終更新日 2019年4月18日

がけ改善
⇒ご自分で宅地の安全をチェックすることができるように
「石積み・ブロック積み擁壁のチェックシート」(コンクリート擁壁を除く)を作成しています。

防災助成金制度の概要

■対象となる崖地

以下の項目に該当する崖地が対象となります。

・市内の崖地等で地盤面からの高さが2メートルを超える崖地、又は道路等に面する場合は1メートルを超える崖地
・個人又は営利を目的としない法人が所有する崖地。
・崖崩れにより居住の用に供する建築物等又は、道路等に被害が及ぶおそれがある崖地。

■対象となる工事

以下の項目に該当する工事が対象となります。

・建築基準法又は宅地造成等規制法が定める基準に適合した、擁壁工事又は切土・盛土工事。
・擁壁の築造に伴い原則として従前の崖と高さが変わらず、平坦地が広がらない工事。
・交付決定を受けた年度の2月28日までに完了報告書を提出することができる工事。ただし、復旧工事又は市長が必要と認めた工事を除く。

崖地改善の技術的な相談や宅地造成等規制法に関することは、横浜市建築局宅地審査課のページをご覧ください。

■補助の金額

補助額は、市で定めた単価※により算出した金額、又は工事費の1/3のうちいずれか少ない額になります。
限度額は400万円です。

※単価については毎年度改定します。平成31年度は、以下の通りです
①擁壁の垂直投影面積1平方メートルあたり76,000円です。
②切土・盛土工事は垂直投影面積1平方メートルあたり16,000円です。

補助額の算定方法についてはこちら(PDF:484KB)をご覧下さい。

■制度利用上の注意点

・補助金の交付申請を行う場合は建築防災課がけ防災担当との調整が必要です。事前にご相談ください。
・交付決定前に工事契約又は工事に着手している場合は、助成金制度の利用はできません。
・補助金の交付を受ける場合には、市内に本社のある事業者と工事契約を結んでいただく必要があります。

■助成金制度の手続きの流れ

手続きの流れ(PDF:771KB)

■要綱

助成金制度は以下の要綱を基に運用しています。(平成31年4月1日改正)
対象となる崖地や工事等についての詳細は要綱を確認して下さい。
New:横浜市崖地防災対策工事助成金交付要綱(PDF:122KB)
New:交付要綱様式集(ワード:51KB)

パンフレット

崖地防災対策工事助成金制度


・助成金制度パンフレット
「崖地防災対策工事助成金制度」ご案内と事例紹介~崖崩れ災害を防ぐために~


全ページのダウンロードはこちら(PDF:32,767KB)
パンフレット

あなたの擁壁は安全ですか?

・擁壁チェックシート
「あなたの擁壁は安全ですか?=石積み・ブロック積み擁壁のチェッ

クシート=」

所有者責任・擁壁の種類・改善方法と維持管理・改善のタイミング
避難について・点検のポイント・相談窓口のご案内

(問合せはこちらをご覧ください)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局企画部建築防災課

電話:045-671-2948

電話:045-671-2948

ファクス:045-663-3255

メールアドレス:kc-gakebousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:703-452-971

先頭に戻る