このページの先頭です

横浜市生活環境の保全等に関する条例(大気関係)

最終更新日 2021年10月1日

令和3年10月1日から横浜市生活環境の保全等に関する条例が一部改正されました。

排煙に関する規制基準

排煙に関する規制基準
 施設ごとの規制+ 粒子状物質による規制(※)
・ 硫黄酸化物施行規則別表第2(PDF:77KB)+ 施行規則別表第8(PDF:117KB)
・ 窒素酸化物施行規則別第表3(PDF:101KB)+ 施行規則別表第8(PDF:117KB)
・ 炭化水素系物質施行規則別表第4(PDF:104KB) 
・ ばいじん施行規則別表第5(PDF:410KB)+ 施行規則別表第8(PDF:117KB)
・ 排煙指定物質施行規則別表第6(PDF:81KB)+ 施行規則別表第8(PDF:117KB)
(塩化水素)
・ ダイオキシン類施行規則別表第7別表7PDF(PDF:98KB) 

※ 粒子状物質の規制基準には、原因物質としての硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじん、塩化水素の許容限度がそれぞれ定められています。これらの物質を排出する施設を設置している場合は、施行規則別表第8(PDF:117KB)の粒子状物質の規制基準を遵守してください。

※ 条例第39条に基づく指針(環境への負荷の低減に関する指針(事業所の配慮すべき事項)(PDF:268KB))があります。

粉じんに関する規制基準

悪臭に関する規制基準

小規模固定型内燃機関及びガスタービン

石綿(アスベスト)使用建築物等の解体等建設工事

届出書・その他

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部大気・音環境課

電話:045-671-3843

電話:045-671-3843

ファクス:045-550-3923

メールアドレス:ks-taiki@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:414-583-548

先頭に戻る