このページの先頭です

旭区防災計画

最終更新日 2020年4月1日

旭区防災計画(震災対策編)の最新修正版を掲載します。

横浜市防災計画(震災対策編)の修正に伴い、平成30年12月に旭区防災計画(震災対策編)の一部を修正しました。

主な修正点

(1)名称の変更
地域防災拠点や自宅等で被災生活することが困難で、特別な配慮を必要とする方が避難する場所の名称を「特別避難場所」から「福祉避難所」に変更しました。
(2)市計画に合わせ項目を追加
発災時における災害廃棄物の排出・収集方法、ボランティアとの協力体制等の項目を追加しました。

旭区防災計画(風水害等対策編)の最新修正版を掲載します。

横浜市防災計画(風水害等対策編)の修正に伴い、令和元年12月に旭区防災計画(風水害等対策編)の一部を修正しました。

主な修正点

地域への周知、協力依頼
(1)指定緊急避難場所等を指定する際は、施設管理者(学校長等)のみならず、地域防災拠点運営員会等関係者に通知することとしました。
(2)指定緊急避難場所の開錠等について、必要に応じて地域の協力を得られることとしました。
(3)避難者への物資供給について、必要に応じて地域防災拠点運営委員会、ボランティア等の協力を得て炊き出しを実施することとしました。
災害ボランティアセンター関係
(1)平時における災害ボランティアとの協力体制の確立
・災害ボランティアセンター等との連携
・アマチュア無線非常通信協力会(旭支部)との連携
(2)発災時における災害ボランティアセンターの設置、役割の明示
水防法等の一部改正を踏まえた「要配慮者利用施設」に関する対策(災害対策基本法第8条により定められた「要配慮者」は、「要援護者」に相当します。)
(1)電子メール等を活用した気象情報等の情報伝達体制の整備
(2)避難確保計画の作成、報告の義務化
(3)避難確保計画に基づく訓練の実施

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

旭区役所総務課

電話:045-954-6007

電話:045-954-6007

ファクス:045-951-3401

メールアドレス:as-anzen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:942-177-767

先頭に戻る