このページの先頭です

サウンディング調査

最終更新日 2020年2月17日

神奈川区大野町一丁目に所在する市有地活用について民間事業者や公益法人等の皆様との「対話」を実施しました

横浜市では、市有地(神奈川区大野町1-24、「旧横浜シティエアターミナル敷地」)を効果的に活用するためにサウンディング型市場調査※を実施しました。
今回、民間事業者や公益法人等の皆様に、立地評価・参入意向をお聞きする「対話」を実施し、まちづくりの方針や地域のニーズ等に対応する活用の可能性を調査しました。
※サウンディング型市場調査とは、市有地等の活用検討の早い段階で、その活用方法について事業者の皆様から広くご意見・ご提案いただく「対話」を通して、市場を把握する調査のことです。

対象地の基本情報(平成26年11月4日現在)

基本情報
所在地神奈川区大野町1-24
地目・地積宅地・3,949.69m2
用途地域(建ぺい率、容積率)工業地域(60%、200%)
高度地区指定第5種高度地区(最高限)
その他旧横浜シティエアターミナル(YCAT)建物残存

※都市計画による制限内容、建築基準法道路種別等は、「i-マッピー」で確認してくだい。
(http://wwwm.city.yokohama.lg.jp/)(外部サイト)

土地利用の基本的な考え方

対話にあたって前提とする条件は次のとおりです。

  1. 地域貢献に供する機能の確保
  • コミュニティ機能
  • 防災拠点的機能
  • その他(福祉増進的機能等)
  1. 「アート&デザインの街」の核となる施設

ヨコハマポートサイド地区では、「アート&デザインの街」というコンセプトを掲げ、横浜市のめざす“デザイン都市”のさきがけとして、ヨコハマの持っている歴史や文化、国際性、先進性など多様な要素を包含するまちづくりを進めています。

※ヨコハマポートサイド地区の現況とまちづくりの方針等に関しては、横浜市都市整備局都心再生課の下記ウェブページ(ヨコハマポートサイド地区)をご参照ください。


当地区内の街区開発は、ほぼ完了している状況です。対象地において、上記1、2の条件を満足した施設計画をすることにより、ヨコハマポートサイド地区全体をさらに活性化させることができるご提案をお願いします。
なお、検討するにあたり、既存建物を利用する計画も可能とします。また、事業方式は、売却・定期借地について問いません。

対話の実施要領等

記者発表

結果概要

実施概要(スケジュール)

  1. 対話参加の申込み(終了しました)

「エントリーシート(様式1)」に必要事項を記入し、Eメールへ添付のうえ、期限までに下記申込先へご提出ください。なお、件名は【対話参加申込】としてください。

  • 申込先

横浜市都市整備局都心再生課
E-mail:tb-portside@city.yokohama.jp


  1. 説明会の開催(終了しました)

対象地の概要及び対話の実施方法・内容等について、説明会を開催します。参加を希望される方は、期限までに下記申込先へEメールにてご連絡ください。なお、件名は【説明会参加申込】とし、本文には、団体名・代表者名・参加人数・連絡先を記載してください。
※説明会に参加されない場合でも、対話にはお申し込みいただけます。

  • 日時・場所

平成26年11月18日(火曜日)午前10時00分~午前11時00分(開場:9時45分)
横浜市役所本庁舎8階802会議室(横浜市中区港町1丁目1番地)


  • 申込先

横浜市都市整備局都心再生課
E-mail:tb-portside@city.yokohama.jp


  1. 対話の実施
  • 日時・場所

平成26年12月中旬以降(1グループ:30分から1時間)
横浜市役所本庁舎又は周辺の会議室(関内駅近辺)
※日時については、申込受付後、個別に調整します。


  • 対象者

事業を行う可能性のある民間事業者や公益法人等
事業をコーディネートできる団体・個人


  • 対象地の情報及び対話の内容等について

実施要領(PDF:378KB)3頁以降を参照してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局都心再生部都心再生課

電話:045-671-2693

電話:045-671-2693

ファクス:045-664-3551

メールアドレス:tb-tosai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:362-132-812

先頭に戻る