このページの先頭です

建築物不燃化推進事業補助

最終更新日 2020年10月23日

目次

お知らせ(令和2年10月1日更新)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた対応について

当面の窓口業務に関して(※原則、ご相談は電話で、申請は郵送でお願いいたします。)

新型コロナウイルスは、現在も世界的なまん延が続いており、終息の兆しはまだ見られません。そのため、当課の業務についても当面の間は縮小を継続し、以下の通りで運用させていただいております。
ご申請をお考えの皆様には、ご不便ご面倒をおかけいたしますが、みなさん一人ひとりの行動が、命を守り、家族を守り、社会を守ることにつながります。市民の皆様、事業者の皆様におかれましては、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  1. 業務縮小に伴い、申請業務について、通常よりもお時間をいただいている状況が続いております。補助申請をお考えの方は、余裕をもったご相談を改めてお願いいたします。
  2. 事前相談について、電話での対応のみとさせていただいておりますが、業務縮小の関係から対応が困難となる場合がございます。あらかじめご了承ください。なお、申請内容等については、当ページ下部「申請書類関係」欄の申請の手引き」をご参照いただきますようお願いいたします。ご不明点等は都市整備局防災まちづくり推進課(045-671-3595)までお電話ください。
  3. 補助の申請書等の提出については、郵送でも可能です。しかし、提出書類に不備がある場合は再提出していただくことがありますのでご了承ください。(郵送先:〒231-0005横浜市中区本町6-50-10市庁舎29階)
  4. 窓口に来庁された場合、極力接触時間を少なくするため、原則として、上記内容をご案内させていただくのみの対応とさせていただきます。

なお、感染拡大防止のため、職員はマスクをして対応させていただきますのでご理解いただくとともに、ご申請をお考えの皆様もマスク着用や咳エチケットの徹底のご協力をお願いいたします。

補助対象となる工事契約の取り扱いについて(令和2年10月1日更新)

近年、申請手続き中に補助要件を満たさないことが発覚し、補助金交付に至らなかった案件が複数確認されております。
つきましては、以下のとおり、運用方法を改めて周知いたします。
引き続き、補助要件に則った申請の徹底をお願い申し上げます。

1.運用内容
(1)工事計画承認通知前の補助対象事業の工事契約があった場合の取り扱い

  • 工事計画承認通知書の交付又は工事計画承認内容変更通知書を受ける前に、補助対象事業の工事契約を行っていた場合は、補助の対象外となります。補助要綱第6条第2項のとおりにご申請いただきますよう徹底をお願いいたします。

(2)工事計画承認通知前に補助対象事業に関する金銭の支払いがあった場合の取り扱い

  • 承認通知書等の交付を受ける前に、工事に関する金銭の支払い(契約時金や前金など)があった場合、その支払いが、工事契約に関する支払いの一部とみなされ、すでに補助対象事業の工事契約を行っているものと判断されるため、原則として補助の対象外となりますのでご注意ください。詳細については、各エリア担当までお問い合わせください。

2 当面の取り扱い

  • 耐火性能強化工事における申請において、工事契約日の確認のため、補助要綱第12条に基づき、当面の間は工事計画進捗報告書に工事契約書の写しを添付してご提出いただきますようお願いいたします。

「燃えにくいまち・燃え広がらないまち」へ

火災による被害が特に大きいと想定される地域(重点対策地域)等において、古い建築物を除却する場合や、燃えにくい建築物を建てる際に、除却工事費や新築に係る工事費(耐火性能強化相当額)の一部を補助します。
また、「重点対策地域(不燃化推進地域)」において、建築物の不燃化を推進するため、平成27年7月1日から「新たな防火規制」の導入も行っています。

建築物不燃化推進事業補助のリーフレットを表示しています。

【重要:補助対象エリア(不燃化推進地域・それ以外の補助対象地区)は、不燃化推進補助リーフレットの4ページでご確認いただけます。】


不燃化推進地域はi-マッピー(行政地図情報提供システム)からもご確認いただけます。

i-マッピー(行政地図情報提供システム)はこちら(外部サイト)

※不燃化推進地域以外の補助対象地域についてはi-マッピーでは確認できません。
 まず、上記リーフレットで確認していただき、詳細については、お手数おかけしますが、防災まちづくり推進課(045-671-3595)までお問い合わせください。

補助対象判定フロー

除却、新築それぞれで補助の要件が異なりますので、補助対象となるかを下記フローでご確認ください。

ご注意

  • 計画承認通知前に工事契約を行うと、補助の対象になりません。
  • 申請前に事前相談を受け、補助対象になるか等について確認をしてください。
  • 地区別に担当が分かれています。事前相談手続きでご来庁される際はあらかじめご連絡ください。
  • 連絡先:防災まちづくり推進課(045-671-3595)
  • 開庁時間:8時45分から12時まで、13時から17時15分まで(相談・手続きには概ね1時間程度かかります)

他の補助制度との併用について

令和元年11月28日更新
事業名 除却 新築 建替
狭あい道路拡幅整備事業 できる 該当なし できる
平成31年度
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業
(一般社団法人環境共創イニシアチブ)
該当なし できない できない
令和元年度神奈川県
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入事業
該当なし できる できる

平成31年度
横浜市ZEH
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及促進補助

国が実施する
ZEH補助を受ける場合

該当なし できない できない

建築物省エネルギー性能表示制度
(BELS)においてZEHの評価・認証を受ける場合

該当なし できる できる
2019年度家庭用燃料電池システム導入支援事業 該当なし できる できる
すまい給付金 該当なし できる できる
平成31年度神奈川県蓄電池システム導入費補助金 該当なし できる できる

次世代住宅ポイント制度

条件によって併用可
(別途お問い合わせください)

できない できない

地域型住宅グリーン化事業
(一般社団法人環境共生住宅推進協議会)

該当なし できない できない

※上記に記載のない制度の併用については、電話にてご確認ください。

申請書類関係

申請の手引き

事前相談票

申請様式

重点対策地域(不燃化推進地域)以外の場合

耐火性能チェックリスト

記入例

補助金交付要綱

令和元年10月4日改正

共同住宅建替推進事業補助

良好な居住環境やまちの不燃化を実現するため、補助対象地区において、複数の土地所有者等が共同で、老朽化した住宅等から共同住宅へ建替等を行う場合に、費用の一部を補助する制度です。

こちらの補助は、市内業者による施工で、除却と共同化をセットで行う場合に限ります。
補助の対象となるのは、除却費用の一部、共同住宅の設計費の一部及び共同住宅の共用部分の工事費の一部です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局防災まちづくり推進室防災まちづくり推進課

電話:045-671-3595

電話:045-671-3595

ファクス:045-663-5225

メールアドレス:tb-bousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:956-735-588

先頭に戻る