このページの先頭です

横浜市動物園基金~ふるさと納税で動物園を応援~

横浜市に対する個人の方の寄附は、「ふるさと納税」として税額控除の対象となります。

最終更新日 2020年6月15日

生物多様性の保全への国際的な貢献と動物園の充実を進めるため、「横浜市動物園基金」を設置しました。基金では、皆様からの寄附などを積み立て、これをもとに繁殖に取り組むための動物を海外から導入し、絶滅の危機に瀕している野生動物の保全と繁殖を動物園で進めます.
ご協力いただきますと、税制上の優遇が受けられます。

基金の使途

動物園に不可欠な動物の収集に関連する経費(動物収集、関連する施設改修等)に活用します。

横浜の動物園の取組

横浜市にある3つの動物園(よこはま動物園ズーラシア(外部サイト)野毛山動物園(外部サイト)金沢動物園(外部サイト))では、日本だけでなく世界中の動物園と協力して、世界の希少な野生動物を保全、繁殖(種の保存への取組)するとともに、動物や動物を取り巻く環境を皆様に知っていただくために魅力ある展示に取り組んでいます。

横浜の動物園だけで繁殖している動物

国内の飼育数が少ない動物

ご寄附いただくと

11,000円以上のご寄附をいただいた方に、「よこはま動物園・金沢動物園共通年間パスポート」1枚を贈呈します。(ふるさと納税制度の変更に伴い、2019年4月1日から金額を変更しました。)
お申込みいただいた方は、A)カピバラ B)アフリカタテガミヤマアラシ からお好きなデザインの年間パスポートをお選びいただきます。

年間パスポートで動物園にお越しいただき、横浜の動物園の魅力や取組の成果を是非ご覧ください!

寄附のお申込み方法 変更のお知らせ(クレジットカードでのお支払いの場合・2020年4月1日)

寄附金を「クレジットカードでお支払い」の場合は、ふるさとチョイス(横浜市)(外部サイト)からお申し込みください。
※クレジットカードをご利用の場合、郵送等でのお申込みは、受け付けておりませんのでご注意ください。

横浜市内にお住まいの方へのお知らせ(2019年4月26日)

地方税法が改正され、「ふるさと納税制度」の運用が一部変更されました。
2019年6月1日より、横浜市内にお住まいの方からの横浜市動物園基金への寄附については、「よこはま動物園・金沢動物園共通年間パスポート」を送付いたしません。

年間パスポート使用にあたってのご注意

  • 入園できる動物園:よこはま動物園ズーラシア・金沢動物園 ※野毛山動物園は無料で入園できます。
  • 有効期間:上記動物園の入園窓口で受付後1年間
  • 窓口受付期限:「ネズミ」のデザインのパスポートは2021年3月31日までに窓口で利用者登録を行ってください。
  • その他:再交付や更新などはできません。

詳細は申込み後、後日送付します「年間パスポートに関する説明書」および「年間パスポート利用約款」をご参照ください。

  • デザインは毎年変わります。
  • パスポートのお届けまでに、ご寄附から1か月から2か月程度のお時間をいただいています。

寄附の手続き

次の3つの方法がございます。

納付方法はクレジットカードによる支払がお選びいただけます。

寄附申込書による申込み

寄附申込書に必要事項を記入し、郵送またはファックス、Eメールいずれかの方法で申込み先まで、ご送付ください。
寄附申込書 様式(個人)(PDF:358KB)様式(法人)(PDF:205KB)
申込み先:横浜市環境創造局動物園課 横浜市動物園基金担当者宛
郵送:〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10
ファックス:045-633-9171
Eメール:ks-zoofund@city.yokohama.jp

納付方法は納付書(所定の金融機関にて振込)による支払がお選びいただけます。

寄附の申込みを確認次第、お支払いに関する書類を後日郵送にて送付します。

電子申請による申込み

暗号化通信方法の切り替えに伴い、簡易申請システムの受付フォームの利用について、以下の影響があります。切り替え後の動作環境は「サービスの動作環境」(PDF:98KB)を参照してください。

  1. 携帯電話全般(iモード対応機種、Ezweb対応機種、Yahoo!ケータイ対応機種)の利用ができなくなります。
  2. スマートフォンの一部(アンドロイドOS4.4以前、iOS4以前)が利用できなくなります。
電子申請は以下のリンク先からお申込みできます。
納付方法は納付書(所定の金融機関にて振込)による支払がお選びいただけます。

寄附の申込みを確認次第、お支払に関する書類を後日郵送で送付します。

税の優遇措置

個人の方の場合

動物園基金への寄附金については、寄附金額から2千円を差し引いた残りの金額について、個人住民税所得割額の概ね2割を限度として、所得税と合わせて当該金額相当額を控除することができます。お住いの市区町村へお問い合わせください。
寄附をした翌年1月から3月15日までの間に、お住まいの住所地を所轄する税務署で確定申告を行ってください。申告には寄附をしたときに受け取った「領収書」か「寄附受領証明書」が必要になりますので、大切に保管してください。

個人住民税の寄附金税額控除だけを受ける場合は、お住まいの市区町村へご申告ください。

法人の方の場合

法人税法上、全額を損金に算入することができます。

ふるさと納税について、詳しくは横浜市への「ふるさと納税」のページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部動物園課

電話:045-671-4124

電話:045-671-4124

ファクス:045-633-9171

メールアドレス:ks-zoofund@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:517-455-587

先頭に戻る