このページの先頭です

産学官連携の取組

最終更新日 2019年2月1日

橋梁やトンネル等の道路インフラの老朽化が急速に進行している中、限れた財源で維持管理を行うためには、様々な視点や新しい技術を積極的に取り入れる対応が必要となっています。
そこで、横浜市道路局は一般社団法人横浜建設業協会、一般社団法人横浜市建設コンサルタント協会及び横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院と 横浜市内の道路橋及びトンネルにおける保全更新技術に関する「産」・「学」・「官」連携協力協定を締結し、保全更新技術に関する最新情報の共有、 新たな保全更新技術の研究・普及に関することについて協力して取り組みます。

産・学・官の連携イメージ図
連携イメージ図

産学官連携協力協定の締結式(平成27年10月2日)

  • 日時・場所

平成27年10月2日10:00~10:40

横浜市市庁舎2階応接室

  • 協定締結式の内容

横浜建設業協会 土志田会長、横浜市建設コンサルタント協会 山本会長、
横浜国立大学大学院 佐土原都市イノベーション研究院長、横浜市道路局 手塚局長
が協定書に署名しました。

道路インフラの老朽化の危機に対して4者で力を合わせて取り組んでいくこと確認しました。                                                                               

また各代表者から、今後の取組や期待する効果などについてコメントをいただきました。                                                                                  

  • 具体的な取組(予定)

・補修、補強に関する新技術の、実際の橋梁やトンネルでの試験施工
・最新点検技術の、実際の橋梁やトンネルでの使用、実用性等の研究・検証    
・地域特性、劣化要因及び補修・補強対策等の研究・検証
・合同での勉強会や研修の実施

記者発表:「橋梁・トンネルの保全更新に市内の「産」・「学」・「官」が連携して取り組みます」(H27.09.25)(PDF:583KB)

<参考>これまでの大学連携の取組
平成26年12月22日に横浜市道路局は国立大学横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院と 「横浜市道路橋及びトンネルにおける保全更新技術」に関する連携協力協定を締結し、 道路橋やトンネルの維持管理、補修、更新等の技術に関する検討及び情報の共有を行うこととしました。

連携イメージ図の画像
連携イメージ図


第2回連絡会議開催(平成27年6月17日)

  • 出席者

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院より
藤野上席特別教授(先端科学高等研究院)、勝地教授、

西尾准教授、大学院生1名
横浜市道路局橋梁課
菅澤建設部長、菊地橋梁課長、ほか4名

  • 議題

1.第1回連絡会議での取組案の経過報告
2.「産」も含めた連携について
3.中期的な取組について
4.今後のスケジュールについて

  • 議事要旨

最新技術を活用した橋梁点検や相互の人材育成などにつ
いて連絡して取り組んでいくことを確認しました。また、「産」を
加えた協定を今後締結し、連携を進めていくことを確認しました。

第2回連絡会議の写真
第2回連絡会議の様子


第1回研究報告会及び連絡会議開催(平成27年3月24日)

【第1部:第1回研究報告会】

  • 出席者

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院より
藤野上席特別教授(先端科学高等研究院)、勝地教授、
西尾准教授、大学院生2名
横浜市道路局橋梁課
新倉道路部長、菊地橋梁課長、ほか11名

  • 内容

横浜市より提供した橋梁点検のデータを基に分析し、
橋梁の現状把握について研究された内容を大学院生
が発表しました。
【第2部:第1回連絡会議】

  • 出席者

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院より
藤野上席特別教授(先端科学高等研究院)、勝地教授、
西尾准教授、大学院生2名
横浜市道路局橋梁課
菊地橋梁課長、ほか5名

  • 議題

1.平成27年度技術連携・研究の取組み内容について
2.取組み内容の公表方法の検討について
3.産学官の「産」との連携について
4.連絡会議の開催スケジュールについて

連携協力協定締結式(平成26年12月22日)

平成26年12月22日に横浜市道路局にて、連携協力協定式を行いました!

  • 連携趣旨

中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故以降、インフラの老朽化に対する意識が高まりつつあるなか、
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院と横浜市道路局は道路橋及びトンネルの保全更新技術に関する連携協力協定を締結しました。
この協定は、相互が持つ情報・技術・経験等を共有し、人材育成も含めた連携を図り、第三者被害を防止するという観点をより重視して、
市民の安全・安心を強固に守ることを目的としています。

                                                                                                                                                                           

  • 今後、連携・協力していく取り組み(予定)

・本市が管理している道路橋及びトンネルの基本情報や劣化状況の情報共有
・橋梁等の海岸部や内陸部などの地域特性、劣化要因及び補強・補修対策等の研究・検証
・実構造物をモデルとした実験及び研究
・現地の橋梁等を活用したロボット技術等の最先端技術の検証及び活用

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

道路局建設部橋梁課

電話:045-671-2791

電話:045-671-2791

ファクス:045-662-3945

メールアドレス:do-kyoryo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:638-010-569

先頭に戻る