このページの先頭です

橋梁課が管理する橋の種類

最終更新日 2019年3月13日


横浜市には一級河川の鶴見川を始め帷子川(かたびらがわ)、大岡川、境川など多くの川が流れています。また、高速道路や鉄道などと交差する道路も多く、市内には多くの橋が架けられています。

このうち橋梁課が管理している道路橋は現在1,712橋となっており、市民生活や経済活動を支える重要な都市基盤施設となっています。

道路橋の橋を構造部材で分けると、鉄で作られた「鋼橋(こうきょう)」、鉄筋コンクリートで作られた「コンクリート橋」、鋼橋とコンクリート橋の複合である「混合橋」、木で作られた「木橋」、石造りの「石橋」に分けることができます。

鋼橋

市内の道路橋のうち638橋が鋼鉄で作られた橋です。
単純な桁橋からアーチ橋や斜張橋、トラス橋などさまざまな形の橋があります。

霞橋(かすみばし)
新山下運河に架かる下路式プラットトラス橋
平成25年に完成。 橋長:32.96m 幅員:6.0m
平成25年度土木学会田中賞受賞

コンクリート橋

市内の道路橋のうち最も多くの橋がコンクリートの橋で、1,035橋あります。
橋脚と桁を一体に作るなど特徴的な形の橋もあります

北陣ケ下高架橋(きたじんがしたこうかきょう)
環状2号線の保土ケ谷区川島町陣ケ下渓谷に架かる連続ラーメン橋、
平成13年に完成。 橋長:215m 幅員:14m
平成13年度土木学会田中賞受賞

鋼橋とコンクリート橋との混合橋

市内の道路橋のうち35橋がコンクリート橋と鋼橋の混合橋です。
橋長(橋の長さ)が長い橋で見ることができる特徴的な橋です。

日野高架橋(ひのこうかきょう)
環状2号線の港南区日野に架かるコンクリート橋と鋼橋の混合橋、
平成10年に完成。 橋長:446.5m 幅員:14.5m

木橋

木の橋は現在ではめずらしい種類の橋です。
現在市内では3橋が木でできた橋となっています。

・みなみと二の橋(にのはし)
栄区上郷町の(いたち)川に架かる木橋
平成13年に完成。 橋長:3.45m 幅員:1.2m

石橋

市内には1橋だけ石橋があります。

昇龍橋(しょうりゅうばし)
栄区長倉町のいたち川に架かるアーチ式の石橋
大正4年に完成。 橋長:5.5m 幅員:1.5m

このページへのお問合せ

道路局建設部橋梁課

電話:045-671-2791

電話:045-671-2791

ファクス:045-662-3945

メールアドレス:do-kyoryo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:283-626-935

先頭に戻る