このページの先頭です

みなと大通り及び横浜文化体育館周辺道路の再整備について

最終更新日 2021年9月8日

みなと大通り及び横浜文化体育館周辺道路(みなぶん)の再整備の事業概要

関内側エリア及び関外側エリアともに、「国際的な産学連携」「観光・集客」の実現に向けた大規模施設の立地が続き、来街者の増加による、地区の更なる賑わい創出が期待されます。こうした大規模施設が面する「みなと大通り」及び「横浜文化体育館へのアクセス動線」は、連続する1つの路線であり、各施設間の回遊性を向上させるとともに、大通り公園や日本大通りをつなぐ緑の軸線などとあわせて、関内側エリアと関外側エリアとの一体性を向上させる重要な動線です。
一方、現状は車道が広く路上駐車が目立つとともに、既設の自転車歩行者道は狭く、また将来の来街者の増大も見据えると、交差点部においては歩行者溜まりも十分とはいえない状況です。このため、車道幅を狭めて歩行者・自転車通行空間を拡充する等、沿道利用状況を踏まえながら既存道路空間の再整備を行い、安全で快適な歩行者ネットワークの強化・拡充を図り、沿道の連続的な賑わいの創出を図っていきます。
事業概要(PDF:1,440KB)

みなと大通り及び横浜文化体育館周辺道路の再整備検討範囲
みなと大通り及び横浜文化体育館周辺道路の再整備検討範囲、現況写真

①地元説明会について

下記の日程で地元説明会を実施しました。
資料は下記よりダウンロードできます。

②みなぶんNEWS

沿道の皆様や利用者の方々のご意見を聴きながら、歩いて楽しい通りとして設計に反映していくため、ニュースという形で進行状況をお知らせしています。
資料は下記よりダウンロードできます。

※ 令和3年度道路活用実験「みっけるみなぶん2」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言延長の状況を踏まえ「中止」といたします。

③関内駅周辺地区のまちづくり

関内駅周辺地区のまちづくり方針「関内駅周辺地区エリアコンセプトプラン」を策定し、「国際的な産学連携」「観光・集客」をテーマとしたまちづくりを進めています。
詳細は下記リンクよりご参照ください。
関内駅周辺のまちづくり

④再整備に向けた設計業務委託等の発注について

再整備に向けた検討を深度化させるため、下記の業務を発注しています。
詳細は下記リンクよりご参照ください。
【公募型プロポーザル】令和2年度みなと大通り及び横浜文化体育館周辺道路の再整備に向けたデザイン及び詳細設計委託

⑤社会実験の実施について

車道の一部を規制し、歩道を広げるなどの社会実験を令和2年11月9日から11月30日まで行い、人や車の流れや沿道の利活用について検証しました。実験期間中は、ご理解とご協力を頂き、ありがとうございました。
実験結果についてとりまとめを行いましたので、下記よりダウンロードの上、ご覧ください。
道路活用実験「みっけるみなぶん」の結果について(PDF:941KB)

(参考)実験実施にあたっての記者発表資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

①、③について 都市整備局都心再生課

電話:045-671-3963

電話:045-671-3963

ファクス:045-664-3551

メールアドレス:tb-tosai@city.yokohama.jp

②について 都市整備局都市デザイン室

電話:045-671-2023

電話:045-671-2023

ファクス:045-664-4539

メールアドレス:tb-toshidesign@city.yokohama.jp

④、⑤について 道路局企画課

電話:045-671-2779

電話:045-671-2779

ファクス:045-651-6527

メールアドレス:do-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:146-318-814

先頭に戻る