このページの先頭です

浅野総一郎

最終更新日 2018年8月24日

「京浜埋立の祖」と言われる浅野総一郎をご存知ですか。
総一郎は、生まれつきそなわった経営の才能と努力で、多種多用の事業を成功させ、明治大正時代の実業界を代表する人物の一人になりました。
浅野総一郎の生涯と業績のわかる資料をご紹介します。

新田純子/著 毎日ワンズ 2007年
祖父が浅野総一郎の部下だったという著者による浅野総一郎伝。
その男、はかりしれず 日本の近代をつくった男浅野総一郎伝(外部サイト)』(サンマーク出版 2000年)の加筆・改題。
同じ著者の著作に『浅野総一郎の度胸人生 フリーターから東洋一の実業家になった男(外部サイト)』(毎日ワンズ 2008年)もあります。

出町譲/著 幻冬舎 2013年
小説仕立てで、総一郎の人生を語ります。評伝とはまた違った面白さに引き込まれます。

北康利/著 致知出版社 2012年
渋沢栄一、岩崎弥太郎などまさに「日本を創った男たち」十二人についての評伝。
浅野総一郎の一生がコンパクトにまとめられています。

斎藤憲/著 東洋経済新報社 1998年
浅野総一郎と浅野財閥に関する研究書。タイトルは、浅野総一郎の座右の銘からきているとか。

東亜建設工業/発行 東亜建設工業 1989年
東亜建設工業の戦前史ですが、総一郎の事業家としての業績に詳しく、東京湾の埋立事業についても、わかりやすく書かれています。

神奈川県立図書館・神奈川県立川崎図書館/発行 神奈川県立図書館 2012年
浅野総一郎ほか渋沢栄一や原富太郎など、日本の代表的な実業家を列伝風に紹介し、各人物について文献目録をつけたもの。神奈川県立図書館のホームページ(外部サイト)で本文を読むことができ、冊子にはないその人物が関係した主な企業の変遷図もみることができます。

笠井芳夫・長瀧重義/企画・監修 セメント新聞社 2009年
セメント新聞創刊60周年記念出版。やはりここでも「日本のセメント王」として紹介されています。

鍋島高明/著 河出書房新社 2005年
『相場師奇聞』『賭けた 儲けた 生きた』に続く相場師列伝シリーズの第三弾で、「浅野総一郎ー憧れの『銭五』を超えた事業王」として記載があります。(「銭五」とは、北国一の豪商と謳われた銭屋五兵衛のこと)

加来耕三/著 ポプラ社 2010年
三井、三菱、住友など十大財閥の創業者、再建者を取り上げた本です。第11章で「働き続けたセメント王 浅野総一郎」として、記述があります。

森友幸照/著 つくばね舎 1995年
近代企業の台頭に先駆的な活動をした人々を取り上げ、その果たした役割について解説。第九章に「浅野総一郎 払下げ官営工場を軌道に乗せてセメント王に」として記載があります。

『東京人』編集室/編 都市出版 1993年
雑誌「東京人」の1988年4月号から1992年12月号までの連載をまとめたものです。東秀紀氏による「浅野総一郎と京浜工業地帯」という章があります。

浅野総一郎、浅野良三/著 大空社 2010年
大正12年に発行された自伝を復刻したものです(原本は昭和12年発行の改訂8版)。総一郎(泰治郎)と弟の良三の共著です。昭和14年発行の改訂9版を製本したものも所蔵しています。

浅野同族株式会社 1943年
昭和18年当時の、浅野関連会社の概要や役員名簿が載っています。掲載された会社数、その数95社!多角経営ぶりに驚かされます。

これらの本は主に書庫にあります。
ご覧になりたい方は、カウンターでお尋ねください。

このページへのお問合せ

教育委員会事務局鶴見図書館

電話:045-502-4416

電話:045-502-4416

ファクス:045-504-6635

メールアドレス:ky-libkocho02@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:590-920-784

先頭に戻る