このページの先頭です

幼児教育・保育の無償化対象施設の一覧

最終更新日 2019年12月12日

無償化対象施設一覧

認可保育所や認定こども園・施設型給付幼稚園(教育部分)については、一覧に記載はありませんが無償化の対象です。
追加・修正等がある場合、随時更新をします。

認可外保育施設等との併用不可の場合、通っている幼稚園の預かり保育の利用料のみが無償化の対象となります。
認可外保育施設等との併用可の場合、通っている幼稚園の預かり保育の利用料に加え、併用する認可外保育施設等の利用料も含めて無償化の対象となります。

横浜保育室も含みます。

個人が行う居宅訪問型事業は、プライバシー保護の観点から個人の住所は一部省略しています。
なお、連絡をとる必要がある場合は事業者の所在区のこども家庭支援課にお問い合わせください。

一時預かり事業とは 
市立保育所特別保育事業・横浜市乳幼児一時預かり事業・横浜市一時保育事業・横浜市24時間型緊急一時保育事業・
横浜市休日一時保育事業・横浜市年度限定保育事業を含みます。

※送迎のみを除く

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局子育て支援部保育・教育運営課

電話:045-671-3710

電話:045-671-3710

ファクス:045-663-1801

メールアドレス:kd-mushoka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:953-681-511

先頭に戻る