このページの先頭です

特定医療費(指定難病)助成制度(指定医・指定医療機関一覧)

最終更新日 2020年9月3日

指定医・指定医療機関について

横浜市が指定した指定医について

特定医療費(指定難病)助成制度の医療費の支給認定を受けるためには、
都道府県知事や政令指定都市市長が指定した指定医が記載した臨床調査個人票の提出が必要です。
指定医は2種類あります。
・難病指定医…新規申請及び更新申請に必要な臨床調査個人票を記載することができる医師
・協力難病指定医…更新申請に必要な臨床調査個人票を記載することができる医師

【指定医・協力難病指定医一覧】(令和2年9月1日時点)

臨床調査個人票の記載を医師に依頼する際は、医師が指定医となっているかを確認したうえで依頼してください。
※指定医は日々申請がありますので、ホームページ更新のタイミングによってはまだ掲載されていない場合もありますので予めご了承ください。

横浜市が指定した医療機関について

指定医療機関とは、その医療機関で指定難病に係る医療を受けたとき、
特定医療費(指定難病)助成制度の医療費の助成を受けられる医療機関のことをいいます。
指定医療機関でない医療機関で受けた医療については、払戻しの対象になりませんのでご注意ください。

なお、すでに受給者証をお持ちであれば、横浜市内をはじめ、全国の都道府県や政令指定都市が指定した医療機関でも受診可能です。
(出先等で緊急に受診する必要がある際は、受給者証に記載されていない医療機関であっても指定されていればご利用いただけます。)
 
【指定医療機関一覧】(令和2年9月1日時点)

シートが「病院・診療所」、「薬局」、「訪問看護」で分かれています。

都道府県・指定都市別 難病指定医・難病指定医療機関一覧

都道府県・指定都市別「難病指定医」一覧(難病情報センターのホームページにリンクします)  
https://www.nanbyou.or.jp/entry/5309(外部サイト)
 
都道府県・指定都市別「難病指定医療機関」一覧(難病情報センターのホームページにリンクします)
https://www.nanbyou.or.jp/entry/5308(外部サイト)

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局保健事業課 難病対策担当

電話:045-671-4040(平日8:45~17:00)

電話:045-671-4040(平日8:45~17:00)

ファクス:045-664-5788

メールアドレス:kf-nanbyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:401-147-537

先頭に戻る